模倣品対策

模倣品を野放しにしてしまうと、自社製品の売り上げが低下するだけでなく、粗悪な模倣品が販売されることで、ブランドそのものが大きなダメージを受けてしまう可能性があります。世界各国のECサイト上には多く模倣品が出品され続けていますが、ECの市場規模は拡大し続けるため、対策が必須です。

ここ数年、日本の税関が差し止めた模倣品の多くは中国から輸出されたものであるという事実に基づき、私たちは、まずは中国のECサイトを調査することが模倣品発見の近道と考え、専門のチームで対応しております。気になる出品物・出品者がいる場合はすぐにご連絡下さい。

ECサイトの調査および分析

模倣品が多数流通

ECサイト・SNS調査

(当社)

正確な被害状況把握

(お客様)

出品差止・摘発準備等

適切な対処が可能に

商標登録・疑義サイト監視継続で再発抑止

世界各国の主要ECサイトから出品情報を収集して、出品者別、地域別などにまとめたレポートを納品します。商品の販売地域、サービスの提供地域に応じて、調査国の範囲をカスタマイズすることが可能です。また、オプションとして、経験豊富なコンサルタントがより詳細な分析レポートの納品もいたします。自社製品の模倣品がどの程度売られているのか、まだはっきりと分からない場合に、被害状況を把握することができ、模倣品が見つかった場合に対策を考える際の判断材料となりますので、とりあえず調査だけでもしてみることをお勧めします。

侵害疑義品の購入およびテイクダウン

ECサイトで商標権を侵害する可能性のある商品を発見した場合、弊社の現地パートナーを通じて商品の代理購入が可能です。出品者に気づかれることなく購入できますので、雲隠れされるリスクを低減することができます。また、代理購入した商品が侵害品であった場合は、出品ページの削除や侵害訴訟等のサポートも一気通貫で対応可能です。闇雲に出品者にコンタクトせず、私たちプロにお任せください。

現地での深堀調査および摘発支援

弊社の現地パートナーを通じて、模倣品を販売している店舗や工場の調査をします。模倣品の特定ができる場合には、行政もしくは刑事摘発に向けた支援をします。

水際措置

水際対策として有効な税関登録をしていない場合は、登録をお勧めしています。登録後のホワイト・ブラックリストのメンテナンスお手伝いいたしますので、お気軽にご相談ください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社