「クリエイティブなドメインネーム」で変わるブランド戦略

昨年、既に広く知られている「.net」や「.com」,「.co.jp」などのドメインネームに加え、AKB48が出演したCMで認知された「.tokyo」などの新しいタイプのドメインネームが出現しました。

昨今では国内外の企業が自社の製品やサービスのブランディング活性化の為に、新しいタイプのドメインネームを活用する動きが活発化しています。

企業にとって、今やWEBサイトは、情報やコンタクトを得る上で欠くことのできない重要なタッチポイントの1つです。

最近ではTVCMで見た商品やサービスを企業のWEBサイトで詳細情報を確認したり、SNSなどに投稿された情報を元に企業のWEBサイトを訪問し、顧客が商品やサービスを購入する動きがあります。顧客が購入に至るまでの行動フローが変化を遂げ、またオムニチャネルの重要性も益々問われています。

このようなWEBサイトの潮流において

  1. さらに自社商品、サービスのブランディングを強化したい。

  2. ドメインネームをどのようにブランディングに活用するのか分からない。

  3. 新たなWEBサイトを立ち上げるにあたり、どのようなドメインネームを取得してよいか。

  4. そもそもドメインネームにはどのようなものがあるのか。

このようなお悩みを抱えるマーケターの皆さまにご紹介するのが、今回の『「クリエイティブなドメインネーム」で変わるブランド戦略』です。LINE株式会社や、米国ゼネラルモーターズ社の事例など掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

Compliance Disclaimer

  1. 本資料の著作権は、GMOブライツコンサルティング株式会社に帰属します。

  2. 著作権者の承諾なしにコンテンツを複製、他の電子メディアや印刷物などに再利用(転用)することを禁じます。



資料請求はこちら

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社