「今治」の異議申し立て事例から見る、知財担当者が知っておくべき中国商標の知識POINT3とは?

5月22日、中国の企業が、タオル製品を含む区分を指定し、愛媛県今治市を連想させる「今治」という名称の商標登録申請をしていることが報じられました。今治市と今治タオル工業組合は25日にも、中国商標局に異議申し立てをする方針とのこと。

今治タオルのホームページによると、異議申し立ての理由として、「「今治」は、愛媛県今治市の行政府の名前であり、また日本一のタオル生産量を誇り、地域ブランドである「今治タオル」の原産地として中国で広く知られた外国地名である。」としています。また、出願されている商標は下記通り。商標今治申請人上海夕尔实业有限公司申請日2017年2月23日国際分類等第24類(タオル、ケット類)公告日2018年2月27日異議申立期限2018年5月27日

[su_highlight background=”#cdf0f1″]公告から3カ月以内に異議がなければ認められてしまうため[/su_highlight]、異議申し立てを行い、補完資料などを提出し、中国当局の判断を待つことになります。

中国へ事業展開しているか否かに関わらず、企業において中国の商標については留意が必要です。知財担当者が知っておくべき中国商標の知識POINT3をご紹介いたします!

[su_box title=”POINT①中国の商標登録までのフローと、早めのアクションの重要性”] 商標が登録要件を満たした場合は、出願が公告(公開)されます。公告後3か月以内は、異議を申し立てることができます。(異議申立人の資格には一定の制限が課されます。)中国では、いわゆる「権利付与前」異議制度が採用されていますが、日本は「権利付与後」異議制度です。

[su_highlight background=”#cdf0f1″]登録の前の公告の段階で、同一または類似の商標などといった、ブランドに影響のある出願商標を把握すること。必要であれば異議申し立てなどを行い登録の阻止を行う等、早い段階での対応が重要です。[/su_highlight]

[/su_box]

中国の公告商標はデータベース上で誰でも簡単に確認ができます!続いて、公告商標の検索方法をご紹介いたします。

[su_box title=”POINT②公告商標の確認の仕方”]

中国データベースから、”商标公告查询”を押下します。

”>>点 此 进 入 全 部 公 告 查 询 检 索”を押下します。

”商标名称:”に検索したいキーワードを入力し、”查询”を押下します。

結果が表示されるので、詳細を確認したい商標を押下してください。

詳細画面の、”公告详情”に表示される文字を押下すると、公告内容の画面に遷移します。

この公告は、今回異議申し立てを行うこととなった、「今治」の商標です。タオル等が対象の第24類で申請されていることがわかります。 [/su_box]

簡単に確認ができることがわかりましたね!また、確認の際は下記POINT③を踏まえて検索を行ってください。

[su_box title=”POINT③中国語表記が登録されていないか?”] 中国の方は聞いた音を中国語に置き換えることが多く、WEBでの検索も中国語表記を使用することがメジャーです。企業側が多言語サイトの構築による中国語表記の提示をしていなくとも、人気のあるブランド名等は勝手な中国語のネーミングをされた上に知らぬ間に第三者の権利として認知度が高まってしまうこともあります。 [su_highlight background=”#cdf0f1″]ブランド名がローマ字や日本語表記の場合は関係ない!と考えるのではなく、中国語表記で登録がされていないか確認することが必要です。[/su_highlight]中国においては、事業展開しているか否かに関わらず、早めの段階で商標出願を検討する必要があります。 [/su_box]

データベースから、公告商標を探すことで早めの対策ができることがお分かりいただけましたでしょうか。また、弊社では対象商標(文字・図形)について、世界179の国、地域、45クラス全類(1類のみから選択も可) において公告または登録される商標のウォッチングを行い、同一または類似商標をタイムリーにE-Mailにてレポートを行うサービスもご提供しておりますので、ご興味ございましたらご連絡くださいませ。

[su_divider][su_heading size=”15″][/su_heading][/su_divider]

弊社では、以下をはじめとする各種対応が可能ですので、弊社HPも併せてごらんくださいませ。


最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社