「日本ドメイン名事業者協会」を発足

国内におけるICANN公認レジストラ15社が発起人として10月22日に設立総会を開き、「日本ドメイン名事業者協会」は正式に発足いたしました。

設立背景と目的

ここ数年、ドメイン登録業界を取り巻く環境は大きな変革期を迎えています。2010年にはICANNによる新しいトップレベルドメインの申請が大幅に緩和され、IDN― ccTLDやgTLDは数百あるいはそれ以上に増加すると見込まれております。国内においても、「.jp」とならぶ新たな国別トップレベルドメインについて、総務省情報通信審議会のインターネット基盤委員会で検討が行われ、「.日本」の導入が決定されました。

一方、ccTLDの登録実数や、ICANNでの発言力などを勘案しますと、日本が他のIT先進国に比べ、ドメインの普及が十分であるとは言い難い状況にあると考えられます。

この状況を鑑み、多くのドメイン登録業務を行っている事業者や有識者などから広く意見を募り、日本国内のICANN公認レジストラで議論を重ねた結果、ドメイン名の効率的な普及、促進の支援には、日本国内においてドメイン名に携わる事業者が連携して取り組む必要があるとの認識を持つにいたり、10月22日に設立総会を開いて、「日本ドメイン名事業者協会」を正式に発足いたしました。

活動内容

「日本国内におけるドメイン名に携わる事業者が連携してドメイン名の効率的な普及、推進の支援を図ることをもって、国内におけるIT産業の振興に資すること」

上記目的を達成するために、以下の活動を行ってまいります。 1. ドメイン名の効率的な普及、推進を支援するための事業の企画・実施 2. ドメイン名に関する関係団体等との連携・交流支援 3. ドメイン名に関する普及啓発や情報の収集、発信 4. ドメイン名に関する技術者の人材育成支援 5. その他協会の目的を達成するために必要な事業

初年度活動方針

初年度は以下の活動を中心に行ってまいります。 1. ICANNその他の国内外の団体に対して事業者として積極的な発言 2. 「.日本」レジストリ選定にあたっての意見収集および日本インターネットドメイン名議会への参加、発言 3. ドメイン事業に関連する情報発信

関連URL

1. 日本インターネットドメイン名協議会 2. 総務省「21世紀におけるインターネット政策の在り方」

お問い合わせ先

日本ドメイン名事業者協会事務局 〒170-6035 東京都豊島区東池袋3-11サンシャイン60 35階閉㈱インターリンク内 (担当:森口、才門) E-Mail:info@dnbc.jp

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年6月)

2021年6月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 今月は“Side By Side”という意味を持つ「.sbs」がサンライズ登録受付中です。受付期間は6月7日までです。 5月中にサンライズを開始する予定だった地域名称TLDの「.zuerich」は、登録期間が2021年8月30日から10月29日までと延期することになりました。 ※上記

セカンドレベル「.TH」限定登録期間の申請受付が開始されました。【2021年度第2弾】

タイの「.TH」セカンドレベルドメインの申請受付【第2弾】が開始されております。 申請期間 2021年6月1日~2021年7月31日 ※弊社の受付締め切りは、2021年7月23日でございます。 審査・登録期間 登録審査期間:     2021年8月2日~2021年8月9日 審査通過ドメイン発表: 2021年8月9日 ※審査を通過した場合は、登録費用を支払い、登録手続きに入ります。 費用