「都道府県型JPドメイン名」の新設が発表されました

2011年9月26日に株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は「都道府県型JPドメイン名」を新設すると発表しました。「都道府県型JPドメイン名」は、「○○○.tokyo.jp」や「○○○.osaka.jp」のような全国47都道府県の名称を含む新しいドメイン名で、2012年後半ごろに登録が開始される予定です。個人あるいは組織の地域に密着した活動やビジネスの活性化を目的としています。

JPRSは1993年12月より「地域型JPドメイン名」(例:「○○○.chiyoda.tokyo.jp」)を提供していましたが、「長くて使いにくい」、「複数登録できない」などの問題があり、また、新gTLDにて例えば「.tokyo」「.osaka」のような「.都道府県」が誕生する可能性がありますが、「.都道府県」が誕生しない都道府県との格差を生じるおそれがあり、これを解消するよう利用者からの要望がありました。

そのため、この問題をクリアするために、「都道府県型JPドメイン名」が新設されることになりました。

「都道府県型JPドメイン名」の新規登録要件に関しては、現時点では日本に住所を所有する個人・組織に限っているのみで、誰でもいくつでも登録出来るようです。新規登録の受付、申請方法などの詳細は2012年初頭に発表される予定です。

これに伴い、JPRSは提供していた「地域型JPドメイン名」の新規登録受け付けを2012年3月31日に終了します。なお、登録済みの「地域型JPドメイン名」は引き続き利用できますので、ご安心ください。

新たな情報が入り次第ご報告させていただきます。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年6月)

2021年6月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 今月は“Side By Side”という意味を持つ「.sbs」がサンライズ登録受付中です。受付期間は6月7日までです。 5月中にサンライズを開始する予定だった地域名称TLDの「.zuerich」は、登録期間が2021年8月30日から10月29日までと延期することになりました。 ※上記

セカンドレベル「.TH」限定登録期間の申請受付が開始されました。【2021年度第2弾】

タイの「.TH」セカンドレベルドメインの申請受付【第2弾】が開始されております。 申請期間 2021年6月1日~2021年7月31日 ※弊社の受付締め切りは、2021年7月23日でございます。 審査・登録期間 登録審査期間:     2021年8月2日~2021年8月9日 審査通過ドメイン発表: 2021年8月9日 ※審査を通過した場合は、登録費用を支払い、登録手続きに入ります。 費用