「.新加坡」と「.சிங்கப்பூர்」(.sg)の多言語ドメインの登録が開始されました


取得可能ドメイン登録要件コメント.新加坡 .சிங்கப்பூர்多言語(中国語・タミル語)申請受付予定

「.新加坡」と「.சிங்கப்பூர்」(.sg)の多言語ドメインの登録開始

.sgのドメインネーム管理機関であるSGNICは、「多言語.新加坡」と「多言語.சிங்கப்பூர்」の登録をスタートいたしました。「中国語.sg」の登録者と商標権者を優遇する優先登録のフェーズが用意されています。

シンガポールにおける効果的なWebプロモーションのために、また、第三者による不正取得・運営により、消費者や取引先がホームページの誤認や混同を引き起こすような危険性を排除するためにも、この機会での登録(保護)をお勧めいたします。

「.新加坡」と「.சிங்கப்பூர்」(.sg)の中国語とタミル語多言語ドメイン登録申請スケジュールは以下の通りです。

優先登録期間 - Sunrise Phase 1

2011年7月4日から2011年8月15日まで

① 「中国語.sg」の権利者のみ申請できます ② 中国語でのセカンドレベルのみ申請できます。例:中国語.新加坡 ③ 一つのドメインに対して複数の申請がある場合には商標権者が優遇されます。商標権

者同士で複数の申請がある場合にはオークションが行われます。

注 : 2011年8月15日から2011年9月12日の間で、申請の審査およびオークションが行われます。

優先登録期間 - Sunrise Phase 2

2011年9月12日から2011年11月8日まで

① 政府の機関と商標権者のみ申請できます。 ② 中国語とタミル語でのセカンドレベルのみ申請できます。例:中国語.新加坡 、あるいはசிங்கப்பூர்.சிங்கப்பூர் ③ 一つのドメインに対して複数の申請がある場合には商標権者が優遇されます。商標権者同士で複数の申請がある場合にはオークションが行われます。

注 : 2011年11月8日から2011年12月14日の間で、申請の審査およびオークションが行われます。

一般登録期間 – General Launch

2011年12月14日から

① 申請受付は“First Come, First Served”(=早いもの勝ちの先願登録)となっております。

上記の全ての期間においての注意事項 ★登録するにはシンガポールの現地住所が必要です。弊社のパートナーの住所をお貸しすることが出来ます。 ★商標権者として申請する場合は、シンガポールで登録された商標の情報が必要です。 ★中国語のドメインに関しては簡体字あるいは繁体字のいずれかのドメインを申請した場合は、他方の字体のドメインがカバーされます。 ★ドメインネームには中国語とタミル語をミックスすることは出来ません。なお、ASCIIと中国語、あるいはASCIIとタミル語をミックスすることは可能です。

登録可能ドメイン 中国語.新加坡 Chugokugo中国語.新加坡 தமிழ்.சிங்கப்பூர் Tamirugoதமிழ்.சிங்கப்பூர்

登録不可能ドメイン 中国語.சிங்கப்பூர் Chugokugoதமிழ்.新加坡 中国語தமிழ்.சிங்கப்பூர்

ドメインネーム登録申請種別 価格(税別)ドメインネーム登録申請種別価格(税別)①優先登録期間お問い合わせください/ 1年②一般登録期間お問い合わせください/ 1年

その他世界各国のドメインネーム登録について

ブライツコンサルティングでは、商標分野での国際的なコンサルティング経験と知的財産としてのドメインネームマネジメントにおける独自のノウハウを活かし、シンガポールのドメインネームだけでなく、全世界に存在するドメインネーム ( ccTLD )の保護を行っています。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【アルメニア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりアルメニアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

第2回日中商標制度シンポジウム聴講レポート【後編】~審査の現場:中国国家知識産権局商標局審査二処「悪意商標出願阻止」の取り組み~

日本貿易振興機構北京代表処・中華商標協会主催で、10月22日に開催された、第2回日中商標制度シンポジウムを聴講した中国現地メンバー申(shen)より、最新のレポート、後編です。 <申(shen)コメント> 「「悪意商標出願」阻止のために、中国において商標の商標法の改正や全面審査プロセスといった制度・手続き面の拡充が進んできました。それを受けて、出願する側にも、このシンポジウムのような機会を有効に使

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社