「.asia」ドメインは国際化ドメインネーム(IDN)の導入を予定

2009年11月16日、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)はIDN ccTLD Fast Track Process(国際化ドメイン・ファスト・トラックプロセス)の申請受付を開始し、多数のレジストリがIDNドメインネームの導入を予定しています。

そのひとつが、アジア太平洋地域向けの「.asia」ドメインです。

2009年11月18日に「.asia」レジストリ(Dot Asia Organization)は国際化(IDN)ドメインネームを2010年後半に開始すると 発表しました。

アジア圏におけるIDNの導入は、ドメインネーム市場に最も大きい影響を与えることを期待できます。なぜならば、日常生活で英文字を使わない人にとっては、英文字のドメインネームはコマンドラインに過ぎなかったからです。IDNを導入することによって、ドメインネームには文化の要素も含まれるようになり、英文字を使用しない人には身近になります。

登録開始は2010年後半になるようですが、「.asia」のIDNの進化を期待しましょう。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【6月28日無料WEBセミナー 】いまさら聞けないドメインネームの基礎知識(中級編)

6月28日(月)13:00~14:00お申し込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

【6月24日無料WEBセミナー 】ECサイトにおける侵害品削除の攻略法

*満員御礼* 6月24日(木)14:00~14:50 お申込みはについて 定員に達した為、Zoom視聴のお申し込みは締め切りました。 参加ご希望の方はお手数ですが、以下メールアドレスまでご連絡ください。 seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、W

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5