「.asia」ドメインは国際化ドメインネーム(IDN)の導入を予定

2009年11月16日、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)はIDN ccTLD Fast Track Process(国際化ドメイン・ファスト・トラックプロセス)の申請受付を開始し、多数のレジストリがIDNドメインネームの導入を予定しています。

そのひとつが、アジア太平洋地域向けの「.asia」ドメインです。

2009年11月18日に「.asia」レジストリ(Dot Asia Organization)は国際化(IDN)ドメインネームを2010年後半に開始すると 発表しました。

アジア圏におけるIDNの導入は、ドメインネーム市場に最も大きい影響を与えることを期待できます。なぜならば、日常生活で英文字を使わない人にとっては、英文字のドメインネームはコマンドラインに過ぎなかったからです。IDNを導入することによって、ドメインネームには文化の要素も含まれるようになり、英文字を使用しない人には身近になります。

登録開始は2010年後半になるようですが、「.asia」のIDNの進化を期待しましょう。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社