「.com.ua」「.kiev.ua」ウクライナ多言語ホストネームの登録開始

「.com.ua」「.kiev.ua」ウクライナ多言語ホストネーム新規登録申請受付開始のご案内

ua

取得可能ドメイン登録要件コメント.com.ua多言語(キリル文字)申請受付中.kiev.ua多言語(キリル文字)申請受付中

ウクライナ多言語ホストネームのドメインネームの登録が開始されます!

ウクライナレジストリは、2010年10月19日よりcom.uaとkiev.uaのキリル文字ホストネームの優先登録をスタートいたしました。一般登録(=早いもの勝ちの先願登録)に先立ち、ウクライナのキリル文字登録商標の所有者を優遇する優先登録のフェーズが用意されています。

ウクライナにおける効果的なWebプロモーションのために、また、第三者による不正取得・運営により、消費者や取引先がホームページの誤認や混同を引き起こすような危険性を排除するためにも、この機会での登録(保護)をお勧めいたします。

ウクライナ多言語ドメイン登録申請スケジュールは以下の通りです。

キリル文字商標権者向けの優先登録期間 – Sunrise Period

2010年10月19日から2010年11月17日まで

① Sunrise Periodで申請するためにはウクライナで登録されているキリル文字の商標登録証が必要です。登録年数は御希望により一年又は二年となっております。 ② 他の要件に関しましてはNICの登録規則が適用されますので、“First Come, First Served”(=早いもの勝ちの先願登録)となっており、他に申請者に関する制限事項はありません。

一般登録期間 第一段階

2010年11月19日から2010年12月19日まで

① 一般登録期間第一段階は誰でも申請ができます。但し登録年数は10年となっております。 ② 他の要件に関しましてはNICの登録規則が適用されますので、“First Come, First Served”(=早いもの勝ちの先願登録)となっており、他に申請者に関する制限事項はありません。

一般登録期間 第二段階

2010年12月21日から

① 一般登録期間第二段階では誰でも申請ができます。登録年数は御希望により一年又は二年となっております。 ② 他の要件に関しましてはNICの登録規則が適用されますので、“First Come, First Served”(=早いもの勝ちの先願登録)となっており、他に申請者に関する制限事項はありません。

ウクライナのドメインネーム登録申請費用ドメインネーム登録申請種別価格(税別)①キリル文字商標権者向けの優先登録期間お問い合わせください / 1年②一般登録期間第一段階お問い合わせください / 10年③一般登録期間第二段階お問い合わせください / 1年

その他世界各国のドメインネーム登録について

ブライツコンサルティングでは、商標分野での国際的なコンサルティング経験と知的財産としてのドメインネームマネジメントにおける独自のノウハウを活かし、ウクライナのドメインネームだけでなく、全世界に存在するドメインネーム ( ccTLD )の保護を行っています。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【6月28日無料WEBセミナー 】いまさら聞けないドメインネームの基礎知識(中級編)

6月28日(月)13:00~14:00お申し込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

【6月24日無料WEBセミナー 】ECサイトにおける侵害品削除の攻略法

*満員御礼* 6月24日(木)14:00~14:50 お申込みはについて 定員に達した為、Zoom視聴のお申し込みは締め切りました。 参加ご希望の方はお手数ですが、以下メールアドレスまでご連絡ください。 seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、W

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5