「.xxx」の承認予定及び今後のオペレーションに関して

アダルト関連ウェブサイトの使用を目的とするドメイン名「.xxx」が、来月米国・サンフランシスコで開催されるICANNミーティングにて承認される予定となっております。

「.xxx」の登録と運用が開始されると、これまで悪意の登録のひとつとして取り締まってきたアダルト関連サイトが、このドメインに集約されることになります。

現在は、GAC(ICANN政府諮問委員会)による承認待ちの状態でありますが、「.xxx」のレジストリである「ICM Registry」では、非公式ながらも承認後の運営方法を決定しております。申請要件や日程の詳細はまだ決まっておりませんが、「.xxx」では商標権者向けの優先期間等を設けており、今後は以下の通りに、登録申請が開始されると想定しております。

第三者が、他社の登録商標と同一文字列にて申請をする可能性もございますので、「.xxx」が正式に承認されましたら、自社の権利にて「.xxx」のご登録をされることをお勧め致します。

優先登録期間(Sunrise期間)

「.xxx」の優先期間は、以下の2フェーズございます。 第1フェーズ: アダルト業界での商標を所有する商標権者向け申請受付期間 第2フェーズ: 商標権者向け登録ブロック期間

第1フェーズは、アダルト関係の商標権者向けの申請期間となります。

第2フェーズでの申請は、実際のドメイン名登録ではなく、登録商標の文字列を、第三者からブロックするための「ブロック登録」申請期間となります。第2フェーズの登録は、以下のような内容です。

● 「IP Clearinghouseシステム」のデータベースに登録(取り込まれた)された登録商標を利用した申請となります。 ● IP Clearinghouseシステムに登録されている商標と同一の文字列のみブロック登録が可能です。 ● この期間でブロック登録をした文字列は、その後永久にブロックされる予定です。 ● ブロック登録された商標をホストネームにしたドメイン名には、ICM Registryのネームサーバが設定され、ICM社のウェブサイトへ転送される予定です。 ● 転送画面上では、当該ドメイン名はブロック登録されていることを表示する予定です。 ● ブロック登録されたドメイン名のWhoisでは、当該ドメイン名がブロック登録されている旨表示をし、実際の権利者情報は掲載しない予定です。 ● IP Clearinghouseシステムの運営は、レジストリと異なる組織が行います。 ● IP Clearinghouseシステム(データベース)への商標の登録申請と、ドメイン名の申請は異なるものであり、それぞれ費用が発生致します(費用に関しては、正式に決定次第改めてご連絡をさせて頂きます)。

ランドラッシュ

ランドラッシュにおいても、以下の2フェーズがございます。 第1フェーズ: アダルトコミュニティー関係者で、他のgTLDのドメイン名を所有している者による申請受付期間。 「.xxx」下での登録は、他のgTLDで所有するホストネームと同一のホストネームに限定されます。 第2フェーズ: アダルトコミュニティーと関係のない者による申請受付期間。

● 両フェーズともに、初回登録年数は3年登録となる予定です。 ● その後は、最低1年ごとの更新となる予定です。 ● ランドラッシュにおいても、実際にアダルト関連ウェブサイトの運営を行わない者のための保護登録が可能となります。アダルトコミュニティーと関係のない登録者は、ランドラッシュ申請時に保護申請をすることで、サンライズ第2フェーズでのブロック登録と同様の処理(Whoisへの非公開及びレジストリサイトへの転送)がされる予定です。 ● サンライズのブロック登録と異なり、ランドラッシュでの保護登録は永久にブロックされる訳ではなく、更新期限毎に更新をする必要があります。

今後のスケジュール

今後のスケジュールですが、3月の正式承認後に、一定のキャンペーン期間を経て登録が開始される予定です。詳細に関しては「.xxx」の正式承認後に改めてご報告をさせて頂きます。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社