【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意ください。


また、従来よりマドプロの国際登録出願等、「到達主義」となっている手続きに関しても、期限に注意が必要です。


特許庁ホームページ「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について」から確認ください。


その他、商標関連のお問い合わせはコチラ

最新記事

すべて表示