【注目】2016年マドプロ出願 指定国ランキング(4位)

世界最大の商標データベ

[su_box title=”5位”]こちらから[/su_box]

[su_heading size=”15″]2016年度の総出願件数:50,549件[/su_heading]

5位:日本(出願件数:14,240件)

4位:ロシア(出願件数:14,642件)


5位の日本と400件程の差で4位にランクインしたロシア。マドプロ出願の指定国を「ロシア」としている権利者TOP10は下記の通りです。


5位の日本との結果とは異なる色が出てきました。出願数90件で1位に輝いた「LIDL STIFTUNG & CO. KG」は、世界中に約8000店舗を展開するドイツのディスカウントスーパーマーケットのチェーンです。


「リドル(Lidl)」は、アメリカへの進出準備を進めており、2018年中頃までにアメリカ東海岸に100店舗を展開する計画で、その手始めとして今夏、20店舗をバージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州にオープンするとのこと。アメリカでは最終的に600店舗体制を目指しており、同じくドイツを拠点とするディスカウントストアのアルディー(Aldi)と混同されがちなので、アメリカではアルディと差別化を図ろうとしています。


専用のオーブンを使用し、店舗内で焼き上げるベーカリーも人気があり、「THE BAKERY FRESHLY BAKED THROUGHOUT THE DAY」 という商標はEUIPOとマドプロでの出願を行っています。一般的なスーパーマーケットは1つの商品で複数のブランドを取り扱いますが、リドルはプライベートブランド中心の品揃えとすることで、価格を低く抑えているのが特徴だといいます。それを裏付けるかのように、ベーカリー商標だけではなくアイスクリームやチップス等の商標登録が確認できます。

また、リドルでは家電製品や家具も販売しています。2014年8月に発売した女性服のコレクションは、15ポンド(約2100円)のフェイクレザージャケットやシフォンブラウスを取りそろえ、最初の3日間で完売したといいます。店舗ロゴで使用されているカラフルなロゴではなく、白黒のシンプルなロゴを使用しているのが印象的です。この白黒ロゴは2016年にEUIPOとマドプロで幅広い国に対して出願を行っており、37類と45類以外での権利保護をしていることから、今後主力プライベートブランドとして展開をしていくことが予測できるのではないでしょうか。

”LIDL STIFTUNG & CO. KG”が2016年度に出願をしている件数は357件であり、下記図は国別結果です。マドプロ出願に次いでオーストラリアへの出願数が多く、3番目にアメリカが多い結果となっています。競合であるアルディー(Aldi)は既にオーストラリアへの店舗展開をしており、リドルもそれを意識してか、オーストラリアへの店舗開業準備をしていると周囲で囁かれていました。実際に2000年以降オーストラリアで複数の商標出願を行っており、開店の発表がされるのかと注目を集めていましたが、現時点でそのような発表はなく、アメリカへの店舗拡大を優先させることとしているようです。


5位日本との比較

日本で上位にランクインした製薬会社の名はなく、マドプロでロシアを指定国として出願している製薬会社は8位にランクインしているインドネシアの「Biofarma」でした。Biofarmaはインドネシアの国営企業で、インドネシアのバンドンに拠点を置き、ワクチンや血清を生産し、インドネシアなどで予防接種をサポートしています。

自動車メーカーのBAYERISCHE MOTOREN WERKE、DAIMLER AG、2社は日本のTOP10でも登場しており、ロシアで上位にランクインしているのが印象的でした。

[su_box title=”3位”]こちらから[/su_box]


最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社