【速報】イギリスで簡易異議申立てが可能に

2013年10月より、イギリスにおいて簡易異議申立制度(fast-track opposition procedure)が導入され、低コストかつ迅速な異議申立てが可能になります。本制度の概略は以下の通りです。

1. 簡易異議申立ての要件は以下の通りです。 公告された商標と、申立ての基礎となる商標が ① 同一商標であり、かつ、同一もしくは類似の商品・役務を指定している場合 ② 類似する商標であり、かつ、同一もしくは類似の商品・役務を指定している場合

2. 異議申立ての基礎となる商標権が、対象商標の出願公告日より5年以上前に登録されたものである場合は、その基礎となる商標につき使用証拠の提出が必要です。

3. 申し立てられた簡易異議が上記の要件を満たさない場合であっても、その申立てが通常の異議申立ての要件を満たす場合には、特許庁はその裁量で通常の異議申立てとしてこれを取り扱うことができるとされています。

4. 審理に際し、申立て時に提出した使用証拠以外の証拠を提出するためには、審査官の許可を得る必要があります。

5. 審理は異議申立人と被異議申立人に対するヒアリングに基づき行われます。このヒアリングは電話でなされることがあります。

詳しい情報が入り次第、続報をアップデートいたします。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【6月28日無料WEBセミナー 】いまさら聞けないドメインネームの基礎知識(中級編)

6月28日(月)13:00~14:00お申し込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

【6月24日無料WEBセミナー 】ECサイトにおける侵害品削除の攻略法

6月24日(木)14:00~14:50 お申込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切です 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅か

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5