【速報】ミャンマー新商標法優先期間『SOFT-OPENING』2020年10月1日より開始となります

WIPOの援助を受けながら、登録による知的財産の権利化と、それらの利用促進を図るため知財法制定中のミャンマーでは、 2019年1月30日に制定された新商標法の、2020年6月施行と、その前6ヶ月間の “Soft-Opening” 期間が設けられることになっておりましたが、 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、新商標法施行が無期限延期されたことに伴い、その前6ヶ月間設けられることになっていたSoft-Opening期間も、無期限で延期されておりました。

このSoft-Opening期間に関して、2020年8月28日付で、ミャンマー商業省より、「2020年10月1日よりスタート」との発表がありましたので、お知らせいたします。

なお、GMOインターネットグループは、ミャンマー政府の委託を受け、ミャンマーのccTLD 『.mm』の管理をしております。事業の早期万全化を図るため、重要商標の登録と合わせてドメイン取得も是非、 ご検討ください。

詳しい内容につきましては、お問い合わせください。



最新記事

すべて表示

【中国】国旗法が改正されます(2021年1月1日施行)

第13回全国人民会議常任委員会第22回会合において、国旗及びその図案を商標、外観設計特許(日本の意匠に相当)、商業広告として使用してはならないと明言され、国旗法改正が決定しました。 本改正の施行は、2021年1月1日となります。 本件のほか、海外商標の取得に関する詳細はお問い合わせください。

【ベトナム】譲渡人の名称・住所に変更がある場合の商標移転手続き手順が変更されます

商標移転の際、従来は、譲渡人の名称・住所に変更が生じていても、譲渡人名称・住所変更手続きは要求されることなく省略されていましたが、今後は、譲渡人の名称・住所変更手続も要求されるようになります。 この手続きの見直しは、手続きの省略よって生じていた印紙代収入の損失是正と、多くの変更により、一貫性がなくなってしまった移転商標リストの所有者名称・住所を統一するためベトナム知財庁により決定されました。

【アメリカ合衆国】新型コロナに関する商標出願優先のための早期審査申請対象となる指定商品・役務

新型コロナに関する商標の出願を優先するため、以下の指定商品・役務を指定すれば(1個でも)、早期審査を申請することができるようになりました。 この早期審査申請に該当する場合は、早期審査の印紙代(通常USD 100)は無償となります。 ・COVID-19を予防、診断、治療、または治癒し、食品医薬品局の承認が必要な医薬品、または  医療機器(診断テスト、人工呼吸器、サージカルマスク、フェイスシールド、ガ

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社