【BRAND TODAY】トレンド企業大賞2018! <ブロックチェーン>

2018年も残すところ僅かとなりました。BRAND TODAY では、「出願商標から見える2018年のトレンド企業」を発表いたします!「ビジネス」を守る商標からは、今後のビジネス化動向を予測することが可能です。ということは、2018年に出願件数が多い企業は、今後急成長する可能性があるかも!?

2018年に産業界の改革に大きな影響を与えたキーワードから見えてくる、今後伸びる企業とは?を、一足早くお届けいたします。

ブロックチェーンとは

そもそも、”ブロックチェーン”とは、2009年に「ビットコイン(仮想通貨)」という電子決済システムが開発されたことで生まれた技術で、完結に言うと「取引記録」を指します。このブロックチェーンはシステム上の1箇所で管理される仕組みではなく、分散されて管理されることが特徴です。今までは1つの箇所で管理される「中央集権型(下左図)」で、システムのダウンや独裁的なコントロールが懸念されていましたが、分散型の「ブロックチェーン(分散)型(下右図)」になったことでそれらのデメリットを無くすことに成功しました。


ブロックチェーン技術は、取引データを分散させて管理し、お互いを監視させることで高い安全性を担保しており、「インターネットに次ぐ革新技術」とまで言われています。また、ブロックチェーンは、ビットコインにのみ使用される技術ではなく、銀行、保険、カーシェアリング、不動産、選挙、教育、著作権など、幅広い分野での活用導入が検討されており、今後に期待が集まる技術です。

2018年「ブロックチェーン」のトレンド企業

世界最大の商標データベース「GlobalBrandDatabase(以下略GBD)」で、”Blockchain”を指定商品/役務に含んでいる出願商標は3,413件。その内、2018年にブロックチェーン関連の出願を多く行っている企業TOP5こちら。

[su_table]順位権利者名(国名)事業内容(URL)出願件数1ConsenSys(アメリカ)ブロックチェーンのソフトウェア技術企業(https://consensys.net/)472Black Gold Coin, Inc.(アメリカ)Aten Coinに関わる企業か?(WEB上で情報なし)343[su_highlight background=”#fffe99″]Orbs(イスラエル)[/su_highlight]ICOで注目されているプロジェクトの一つ(https://orbs.com/jp/)314Harbor(アメリカ)ブロックチェーンテクノロジー企業(https://harbor.com/)285Akbank(トルコ)トルコ最大の銀行の一つ(https://www.akbank.com/)23

[/su_table]

今後伸びる企業はこれだ!

3位にランクインしたのは、ブロックチェーン最先端の国イスラエルで誕生した”Orbs(オーブス)”。2017年11月に設立され、2018年のICO(仮想通貨を使用して行う資金調達)で大きな注目を集めた企業のひとつです。



分散型 Amzon Web Service の提供へ

Orbsは、ブロックチェーンを基盤としたコンシューマー向けアプリのインフラを提供することを目標にしています。目指すプラットフォームは、AWS(Amazon Web Services)の”分散型版”のアプリケーションインフラを提供すること、つまり、ブロックチェーン技術が使われたアプリケーションインフラの提供です。

Webアプリケーション作成のためには、その土台となるサーバやデータベース、ネットワークなどの「インフラ」環境を用意する必要があります。そこで開発されたのがAWSです。この、AWSを利用することにより、企業は開発だけに専念できるようになり、今、多くのアプリケーションがAWSを利用して開発されています。


ブロックチェーン技術を元とした、分散型アプリケーションを用いることで、1つのサーバーがダウンしても他のサーバーが処理を継続できるようになり、サーバ障害を防ぐことができるようになるのが大きな特徴です。

同社の一番最新の出願が、2018年10月9日に出願された「HEXA」という商標。この、指定商品/役務には、”分散型(distributed)”というキーワードが、8回も繰り返し登場し、同社が目指すべきプラットフォームへの意思表示がされているように感じます。


今後の気になる展開は?

2020年までにサービス提供を開始することを目標に掲げていますが、具体的な予定についての情報は公開されていません。

同社は、2018年1月以降アメリカへの出願のみ行っていましたが、2018年7月に入ってから、イスラエル、日本、EUIPO、韓国に対して出願国を増やし、新たな動きが出始めています。現在、同社の出願国先は下記通りです。

[su_table]出願国出願件数アメリカ34イスラエル3日本2EUIPO(ヨーロッパ)2韓国1

[/su_table]

Orbsの開発チームは70人ほどで120億円の資金を集めていると言われています。その資金調達の中心がアジアで、イスラエルやシンガポール、韓国に拠点があることから、米国よりもアジアへの展開を考えていると言われています。また、共同創業者の1人である、ユリエル・ペレド氏は「仮想通貨ユーザーが多い日本は、マーケットとしても魅力的」と語っており、[su_highlight background=”#fffe99″]同社が注力していく国が、上記表(同社の出願国先)での動向と一致する形[/su_highlight]。

今後、データベースを注視することで、同社が展開していく国が見えてくるのではないでしょうか。2020年のサービス提供開始に向け、今後も動きが加速していくことが予測できるOrbsから引き続き目が離せません。

https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fmedia.brightsconsulting.com%2Funcategorized%2Fblockchain%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=large&show_faces=true&share=true&height=80&appId

〈ライタープロフィール〉 中山 礼美(なかやま れいみ)

GMOブライツコンサルティング株式会社 IPソリューション部/メディア担当 consul@brights.jp

2011年に入社後営業サポート業務に携わり、2017年5月よりメディア担当者として、商標やドメインネームの業務を学びながら記事を発信。様々な業界のトレンドを意識した記事作りの難しさに奮闘中。趣味は食べるコト、プチプラでお得感の高いものを探すこと。

#nakayama

最新記事

すべて表示

【イギリス】Brexitの移行期間終了に伴う商標管理の注意点

イギリスのBrexitの移行期間が昨年末に終了しました。商標に関するBrexitのニュースも様々なところから発信されていますので、ご存知の方も多いと思います。 移行期間の末日である2020/12/31までに登録されたものは自動的にイギリスの商標権が設定され、それまでに登録に至っていないEUTM出願(マドプロ出願も含む)は、本年からコンバージョン申請を行って、イギリスでの手続を継続する必要があります

【韓国】商標審査基準の改定(1月1日施行)に関する補足情報

1. 商標審査基準の改正(2021年1月1日施行)について 今回、審査時に、審査官判断を助けるため、一部の審査基準を整備するものであり、商標登録出願人の要件への基準補完/不登録要件の審査基準の整備/地理的表示・団体標章の審査基準整備/非典型商標の保護拡大のための基準の整備といった項目で改正が行われました。 2. ソフトウェア関連商品の表現について、審査基準が変更されております 韓国特許庁では、必要

【ソマリア】商標登録プロセスが更新されております

ソマリア商標法第3号の規定、および第33号の改正に従い、ソマリア商標局(TMO)では最近、商標登録に関する審査と公開プロセスが導入されました。 現在では、出願前に、第三者によって既に登録されている商標ではないことを事前に調査し確認することが義務付けられています。 調査の結果、重複する既登録商標の無いことが確認されれば、申請することができます。 申請後の審査には約10日かかり、異議申立期間は35日と

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社