インドネシア:商標の税関登録が可能に

インドネシア政府は2017年8月2日付で、知的財産権侵害による商品の輸出入の管理に関する規則を発効させました。これにより、インドネシアにおける税関登録が可能になりました。

著作権者および商標権者は、税関登録のため税関に以下の書類を提出しなければなりません。

・著作権および商標権の権利証明書 ・著作権および商標権についての声明 ・商標権の場合:真正品に関する情報(商品、商号、製品の外観、パッケージング、商品の流通経路、対象地域における流通・販売量) ・著作権の場合:科学、芸術、文学又は著作隣接権に関する作品の特徴

インドネシア国内に本社または子会社の住所がある権利者であれば、税関登録の申請が可能です。申請後30日以内に、税関局は登録可否を決定します。登録は1年間有効で、更新可能です。

税関職員は侵害品の疑いのあるものを発見した場合、著作権者または商標権者に通知をします。通知を受けた著作権者または商標権者は、2日以内に返信をしなければなりません。著作権者または商標権者が4日以内に商務裁判所に提訴することにより、税関にて止め置かれることになります。

本件に関する詳しい内容につきましては、下記問い合わせ先までご連絡ください。

最新記事

すべて表示

【6月28日無料WEBセミナー 】いまさら聞けないドメインネームの基礎知識(中級編)

6月28日(月)13:00~14:00お申し込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

【6月24日無料WEBセミナー 】ECサイトにおける侵害品削除の攻略法

*満員御礼* 6月24日(木)14:00~14:50 お申込みはについて 定員に達した為、お申し込みは締め切りました。 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。この機会に是非ご参加ください。 ーーーーーーーーーーーーー

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5