オランダ領アンティルのドメイン.ANの状況の変更(停止)に関して

2009年の秋にオランダ領アンティル諸島の主島であるキュラソー島で行われた住民投票の結果、オランダ領アンティルは2010年10月10日をもって国家として存在しなくなることとなり、関連の地域はそれ以来様々な政治的・管理的な変更の手続きを行ってきました。

キュラソーとシント・マールテンのオランダ領の南部分は王国の中の独立した国に変わり、1986年に同様な地位を獲得したアルバと同じ自治領のステータスとなります。一方、ボネール、シント・ユースタティウスとサバはオランダの管轄地域になることを承認しました。

また、最近の動きによると、オランダ領アンティルを代表していた.ANのドメインネームは廃止されることが明らかになり、.ANを運営しているオランダ領アンティル大学やその他の現地法人に連絡をとった結果、「.ANは停止されるのですが、そのはっきりした期限はまだ不明であり、ある確定された期間内は存在し続けることが予測されますので、必要な手続きがその期間内にできます」との返事を頂いております。その上、少なくともキュラソーとシント・マールテンは新しいccTLDsを申請することが考えられます。

近い将来に行われる上記のような変化にも関わらず、.ANの運用者は先日ICANNとccTLDsの間の一般的な実践であるAccountability Framework(説明責任体制)をサインし、それによって相互の責任の領域が明確にされ、国際商業会議所の統一ドメイン名紛争処理方針も.ANの下のドメインネームに対して採用できるようになりました。このような手段が実施させられたことから、.ANをめぐる今後の大きな変化も公式な手続きに基づいて行われることが予想できますので、引き続き安心してご使用できます。ブライツコンサルティングは.ANをめぐる展開が更に明らかになり次第、早速お伝え致します。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年6月)

2021年6月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 今月は“Side By Side”という意味を持つ「.sbs」がサンライズ登録受付中です。受付期間は6月7日までです。 5月中にサンライズを開始する予定だった地域名称TLDの「.zuerich」は、登録期間が2021年8月30日から10月29日までと延期することになりました。 ※上記

セカンドレベル「.TH」限定登録期間の申請受付が開始されました。【2021年度第2弾】

タイの「.TH」セカンドレベルドメインの申請受付【第2弾】が開始されております。 申請期間 2021年6月1日~2021年7月31日 ※弊社の受付締め切りは、2021年7月23日でございます。 審査・登録期間 登録審査期間:     2021年8月2日~2021年8月9日 審査通過ドメイン発表: 2021年8月9日 ※審査を通過した場合は、登録費用を支払い、登録手続きに入ります。 費用