カフェ部門顧客満足度No.1、ドトールの強みとは

2017年度「JCSI(日本版顧客満足度指数)」に関するアンケート結果が発表され、カフェ部門の顧客満足度で、ドトールコーヒーが3年連続となる1位を獲得したことは、記憶に新しいのではないでしょうか。リーズナブルな価格帯や豊富なメニュー、居心地のよさといった面で充実している点が、顧客満足度に繋がっていると言います。

国内カフェチェーン店の店舗数ランキングによると、スターバックスに続き2番目に多い同社。あと少しで王者スターバックスへ手が届くような数字です。


多岐に渡るブランド展開

同社の出願商標とWEBサイト(https://sasp.mapion.co.jp/b/doutor/)を確認していると、他社との大きな違いに気づかされました。

ブランド数の多さ」です。

サイト上だけでも17のブランド展開を行っていることが確認できます。同じようにブランド展開を進めているプロント社が7つのブランドであることと比較しても、このブランド数は多いことが裏付けられます。


この中から一部ブランド紹介をいたします。

梟書茶房

本と珈琲の魅力を伝えようとして作ったお店が「梟書茶房」(https://www.doutor.co.jp/fukuro/)。シーズンごとに「珈琲と本のセット」の販売がされ、本のイメージに合わせたオリジナルにブレンドが楽しめるといいます。

CAFE LEXCEL(カフェ レクセル)

バリスタが高品質のコーヒーを1杯ずつ丁寧に抽出し提供することをコンセプトにしている「カフェ レクセル」(https://www.doutor.co.jp/lex/)。「ごちそうサンド」と呼ばれるボリューム満点で具材にこだわったサンドイッチや、新鮮な野菜や果物を使用したスムージーがいただけます。

ドトール珈琲農園

珈琲農園主の邸宅に招かれたような上質な空間で、心ゆくまで珈琲の味わいを愉しむことをコンセプトとした「ドトール珈琲農園」(https://www.doutor.co.jp/thefarm/)。オムライスやカレーといった、満足感のあるプレートでの食事提供がされます。


出願商標からも見えてくるブランドコンセプト

日本の商標データベースであるJ-PlatPatで、上記ご紹介した3ブランドの指定商品を記載したものはこちら。


海外へ主力ブランドで勝負

ホームページ(https://www.doutor.co.jp/about_us/ir/report/fcinfo.html)を確認したところ、海外店舗は「台湾に1店舗、その他5店舗」へ展開中。と店舗数自体は予想に反して少数でした。

世界最大の商標データベース「GlobalBrandDatabase(以下略GBD)」で、同社出願商標は61件。出願商標は、ほぼ「DOUTOR」関連の商標で、「EXCELSIOR」の出願が数件といった内容。


ブランド展開を進める中、大切にし続けていること

「おいしいコーヒー」を追求し続け、37年が経ったドトールコーヒー。

市場のニーズや流行を素早くキャッチし、明確なコンセプトを持ったブランド展開を行っていることも、顧客満足度に反映されているのかもしれません。また、様々なコンセプトやブランド展開を行っているものの、根底にあるものはやはり「一杯のおいしいコーヒーの提供」であることも感じさせられました。これこそ、ドトール社の強みのひとつなのではないでしょうか。

(ただ、商標取得が一部不足している点が気になってしまいましたが…)

[su_divider][su_heading size=”15″][/su_heading][/su_divider]

https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fmedia.brightsconsulting.com%2Ftm-magazine%2F%25e3%2583%2589%25e3%2583%2588%25e3%2583%25bc%25e3%2583%25ab%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=large&show_faces=true&share=true&height=80&appId

弊社では、以下をはじめとする各種対応が可能ですので、弊社HPも併せてごらんくださいませ。



79回の閲覧

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社