ガンビア:旧法下での商標更新について

ガンビアでは、旧法下にて2007年4月2日までに出願された商標は、新法施行日である2007年4月2日から10年後または14年間の有効期限終了時のいずれか早い期限日までに更新を行う必要があります。

更新期間は猶予期間を6ヶ月設けてあります。

また、更新の際にニース国際分類を適用し、再分類されることになります。

猶予期間終了までに、以下に該当する商標は更新手続きを行わなければなりません。

1. 2003年4月3日から2007年4月1日の間に旧法下で出願/登録された商標で、14年の有効期間が2017年4月3日から2021年4月1日までのもの。

2. 2003年4月3日から2007年4月1日の間に直近の更新がされた商標で、14年の有効期間が2017年4月3日から2021年4月1日までのもの。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【12月10日無料WEBセミナー】SSL対応が済んだら終わり…ではありません!SSL管理集約の必要性【GMOグローバルサイン・GMOブライツコンサルティング共催】

12月10日(木)無料 15:00~16:00 お申込みはコチラ ※実施当日正午受付〆切 ※フォームがうまく開かない場合はメールでお申込みください ↓ seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【アルメニア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりアルメニアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社