キプロスで知的財産に関する税制の改正

キプロスにおいて知的財産に関する税法が改正され、以下のようにキプロスにおける知的財産につき税制上の優遇を受けられることになりました。

1) キプロスに所在地を有する法人につき、その所有する知的財産からの収入のうち80%の部分が所得税の課税対象から控除されます。

2) キプロスに所在地を有する法人につき、その所有する知的財産を処分して得られた所得の80%の部分が所得税の課税対象から控除されます。

3) 知的財産の取得、開発に要した資本的支出は控除対象となり、その会計年度及びその後の4年間において償却されます。

本件改正は在キプロス法人での知的所有権のより活発な運用をその趣旨とするものであり、同国におけるよりコストを抑えた商標の取得、運用が可能になるものです。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【オーストラリア】オフィシャルフィーの変更

オーストラリアにおいて、商標手続きにかかるオフィシャルフィーの変更について8月18日に公布されました。 出願、登録、更新 ともに、概ね50~100A$の変更となります。 適用は、2020年10月1日からとなります。 具体的な金額等、本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【速報】ミャンマー新商標法優先期間『SOFT-OPENING』2020年10月1日より開始となります

WIPOの援助を受けながら、登録による知的財産の権利化と、それらの利用促進を図るため知財法制定中のミャンマーでは、 2019年1月30日に制定された新商標法の、2020年6月施行と、その前6ヶ月間の “Soft-Opening” 期間が設けられることになっておりましたが、 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、新商標法施行が無期限延期されたことに伴い、その前6ヶ月間設けられることになっていた

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社