ギリシャ語IDNccTLDの評価却下

2009年10月に開催された、第36回ICANN韓国・ソウルミーティングにてIDN ccTLD Fast Track Processが採択され、同年11月16日より申請が開始されました。現在まで、26のIDNccTLDの評価が終わり、実際に運営を開始しているケースもありますが、先日ギリシャ語のIDNccTLD「.ελ(.ΕΛ)」の申請評価が却下されました。却下の理由は、ギリシャ語で「.gr(ギリシャのccTLD)」を表す「.ελ(.ΕΛ)」は、アルファベット表記の「.ea(.EA)」に類似しているとの事です。

現在のところ、「.ea」というgTLD及びccTLDは存在せず、仮にギリシャで導入された場合でも、ギリシャ語によるインターネットの利用であり、アルファベットで「ea」とタイプすることは、皆無に近いのではと思われます。

しかし、今後「.ea」によるccTLDが出来る可能性もあるため、却下となったとのことです。

また、以前ブルガリアが申請したIDNccTLDは、ブルガリア語表記で「.бг」となり、既存のブラジルccTLD「.br」に類似していると判断され、2010年に却下されております。

今回のICANNによる評価は、今後新たに発生するかも知れない「.ea」というccTLDを考慮した場合、妥当な判断であると思われます。他方、IDNccTLDは、日常会話にてアルファベットを使用しない国や地域でのインターネットの利用促進のために導入されているものであることから、今後、導入の可能性が未知数であるccTLDに優先権を与えることで、特定国・地域(今回の対象はギリシャ)における「利用しやすい」ドメインネームの使用が不可能となることになり、より多くの人にインターネットを利用して頂くという当初のコンセプトが、本末転倒とならないか懸念されるところです。

今後も弊社では、IDNccTLDの導入評価プロセスを追跡いたします。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

【9月24日・28日無料WEBセミナー】ドメインネームマネジメントセミナー「ブランドTLDと新gTLDの有効活用」

9月24日(木)16:00~17:00 お申込みはコチラ 9月28日(月)14:00~15:00 お申込みはコチラ ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。この機会に是非ご参加ください。

【オーストラリア】オフィシャルフィーの変更

オーストラリアにおいて、商標手続きにかかるオフィシャルフィーの変更について8月18日に公布されました。 出願、登録、更新 ともに、概ね50~100A$の変更となります。 適用は、2020年10月1日からとなります。 具体的な金額等、本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社