グルジア語ドメインの文字列がICANNの評価を通過

2011年2月9日、多言語ドメイン名として使用を予定しているグルジア語ドメイン「.გე」が、ICANNによる文字列評価を通過したとICANNでは発表致しました。

グルジア語ドメイン名の申請をしたのはITDC(Information Technologies Development Center)であり、グルジア政府機関の代理として申請を致しました。文字列評価基準に従った評価が成功したため、今後はIANA(Internet Assigned Number Authority)のプロセスに従って、ドメイン名管理の委託のステップに移ることが可能となります(IANAとは、インターネット上で利用されるアドレス資源である、IPアドレス、ドメイン名、プロトコル番号などの標準化や割り当てを行う組織である)。

グルジア語ドメイン名を含め、これまで23の国と地域における文字列の申請が評価を無事通過致しました。そのうち17の国及び地域の27の自国語国家ドメインがDNSルートゾーンに委託されました。

※ グルジアについて

旧ソビエト連邦を構成した国々のひとつであり、西アジアの北端となる南カフカス地方に位置する。1991年4月に独立した共和制国家である。首都はトビリシ。

グルジア系の他、アゼルバイジャン系、アルメニア系、ロシア系、オセチア系等によって構成される他民族国家である。公用語はグルジア語であり、今回の多言語ドメイン名の対象でもある。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

新GTLDのTOP20ランキング(2020年9月)

新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比44万件増加し、約3,563万件を記録しています。 2019年11月中旬、初めて3,000万件を超えた新gTLDのドメインネーム登録件数は、2020年に入って成長ペースが次第に鈍化し、6月から減少傾向にありました。 しかし、9月に入って再び増加ペースを取り戻しています。 2020年の増減数を見ると、210万件増 (1月)→ 120万件増(2月) → 74

「.KH」のセカンドレベルドメイン登録が2021年から可能になります【速報】

カンボジアのccTLD「.KH」のセカンドレベル登録受付について、速報です。 【開始日】 2021年 1月1日以降(具体的な日程は未定です。) ※登録要件/費用など詳細は決定し次第、改めてご案内いたします。 これまで、「.KH」のセカンドレベルドメインは、登録ができませんでしたが、 2021年から登録可能となります。 ご興味をお持ちいただけましたら、費用に関しましても是非お気軽にお問い合わせくださ

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社