グルジア語ドメインの文字列がICANNの評価を通過

2011年2月9日、多言語ドメイン名として使用を予定しているグルジア語ドメイン「.გე」が、ICANNによる文字列評価を通過したとICANNでは発表致しました。

グルジア語ドメイン名の申請をしたのはITDC(Information Technologies Development Center)であり、グルジア政府機関の代理として申請を致しました。文字列評価基準に従った評価が成功したため、今後はIANA(Internet Assigned Number Authority)のプロセスに従って、ドメイン名管理の委託のステップに移ることが可能となります(IANAとは、インターネット上で利用されるアドレス資源である、IPアドレス、ドメイン名、プロトコル番号などの標準化や割り当てを行う組織である)。

グルジア語ドメイン名を含め、これまで23の国と地域における文字列の申請が評価を無事通過致しました。そのうち17の国及び地域の27の自国語国家ドメインがDNSルートゾーンに委託されました。

※ グルジアについて

旧ソビエト連邦を構成した国々のひとつであり、西アジアの北端となる南カフカス地方に位置する。1991年4月に独立した共和制国家である。首都はトビリシ。

グルジア系の他、アゼルバイジャン系、アルメニア系、ロシア系、オセチア系等によって構成される他民族国家である。公用語はグルジア語であり、今回の多言語ドメイン名の対象でもある。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年6月)

2021年6月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 今月は“Side By Side”という意味を持つ「.sbs」がサンライズ登録受付中です。受付期間は6月7日までです。 5月中にサンライズを開始する予定だった地域名称TLDの「.zuerich」は、登録期間が2021年8月30日から10月29日までと延期することになりました。 ※上記

セカンドレベル「.TH」限定登録期間の申請受付が開始されました。【2021年度第2弾】

タイの「.TH」セカンドレベルドメインの申請受付【第2弾】が開始されております。 申請期間 2021年6月1日~2021年7月31日 ※弊社の受付締め切りは、2021年7月23日でございます。 審査・登録期間 登録審査期間:     2021年8月2日~2021年8月9日 審査通過ドメイン発表: 2021年8月9日 ※審査を通過した場合は、登録費用を支払い、登録手続きに入ります。 費用