シンガポール:商標規則の改定

シンガポール特許庁は、商標規則を改定しました。 今回の改定は商標法に関するシンガポール条約の規則改正を受けたもので、立体商標や色彩商標を含む様々な非伝統的商標に関して、出願要件の適切化を図るものです。

さらに、運用コストの増加に対応するため、オフィシャルフィーについても一部が値上げされました。

新しいオフィシャルフィーは2011年の12月1日から有効となりますが、商標については下記の費用が値上げされます。

  1. 登録

  2. 異議申し立て

  3. 取消手続き(Revocations proceedings)

  4. 審問(Hearing)

なお、次の費用についての改定はありません。

  1. 更新

  2. 名義や住所の変更

  3. 譲渡やライセンスの登録

また、シンガポールは2012年1月1日に発効されるニース国際分類第10版を適用することを公示しました。 2011年12月31日までの出願については、現行の第9版が適用されます。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

1回の閲覧

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社