ジンバブエ:マドリッドプロトコルに加盟(続報)

2014年12月16日付でお伝えしたジンバブエのマドリッドプロトコル加盟に関するニュースの続報をお伝えします。

① 拒絶通報の期間に関してジンバブエは18カ月宣言をしたため、WIPOからの領域指定の通報より18カ月以内に拒絶通報が出されることになります(議定書第5条(2)(b)による)。ただし、異議申立の結果による拒絶は18カ月の期間満了後において行われる可能性があります(議定書第5条(2)(c)による)。

② 個別手数料に関してジンバブエでは国際出願、事後指定登録、更新に際して個別手数料が発生します。

上記の宣言は2016年1月7日より発効します。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【ベトナム】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月3日よりベトナムの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【クウェート】ロックダウン期間の商標再公告による異議申し立て期間の実質延長(2021年1月16日まで)

クウェートにおいて、新型コロナウイルス感染症流行と、ロックダウン措置の影響で、多くの企業活動がストップした影響を考慮し、2020年1月から2020年3月までに公告された全ての商標について、2020年11月17日に再公告が実施されました。 この再公告を起点に、再度60日間の異議申立て期間が設定されております。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社