スタッフ紹介:Lam Pham

[su_heading size=”19″]Lam Pham[/su_heading]

経歴とご紹介

1985年生まれ。オランダ出身。

Amsterdam University of Applied Sciences大学経済学部卒業。

2012年に来日し、現在全世界におけるドメインネームの取得申請や管理業務に従事。

普段はいつも明るく陽気であり、職場を明るくしてくれるチャーミングなキャラクター。4ヶ国語の言語を操り、言語能力が堪能であるため、様々な案件において現地のパートナーと連携したり、直接現地のソースからの情報収集を行うことで、ハイクオリティなパフォーマンスが可能。また、豊富な知識と経験からドメインのスペシャリストとして世界各国の手続きを熟知しており、様々なご要望や依頼に対してのベストソリューションの提案が出来ます。

仕事がスピーディーであり、業務効率化と問題解決の面では他の人より抜きんでており、業務中に見せる顔はいつも真剣そのもの。誰とでも仲良く接する才能があり、職場の雰囲気を良くしてくれると、周囲からの評価と人気の高いメンバー。

座右の銘

No Worries! ずっと心配すると時間の無駄。

得意分野(仕事)

依頼が来る時に早速対応する。

休日の過ごし方

健康のため、ジムと水泳をしている。(週4回) 友達と過ごすのは楽しいので、晴天の場合河沿いに友達とBBQをやる。 一人時、自宅で映画を観ること。どっかカフェるもよい~な

好きなもの

猫派、コーヒー派

#スタッフ紹介

最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社