タコベルも使用!事例から学ぶ.co活用方法とは

今回は、クリエイティブなドメインネームで効果的なブランド戦略をしている企業さんをご紹介したいと思います。注目したのは、Taco Bellのドメインネーム。

そもそも、Taco Bellとは…

「牛角」「とり鉄」などを展開するアスラポート・ダイニングが、2015年4月21日、巨大メキシカンファストフードチェーン「タコベル(Taco Bell)」日本1号店を渋谷にオープン!

タコベルの親会社であるヤム・ブランズはケンタッキーフライドチキン(KFC)、ピザハットなど、世界125カ国で4万1000店舗以上のレストランを運営する世界最大規模のフードサービス企業。タコベルだけでも全米を中心に世界で6000店舗以上を運営し、毎週4200万人以上が利用しているというだけあって、かなり注目を集めました。

Taco Bellのドメインネーム

さて、そのTaco Bellなのですが、ドメインネームは、https://www.tacobell.com/です。


ta-co

https://www.tacobell.com/

あれ??普通じゃない?と思った方もいると思うのですが、実は、「ta.co」が「tacobell.com」に転送されるようになっているんです!

Taco Bellのメインターゲットは若年層。

若年層によるスマートフォンからのアクセスが増加したため、より短く、入力しやすいドメインネームにしようと『ta.co』が登録されたと考えられます。

「.co」とは

ちなみに、「.co」は、南米コロンビアの国・地域別ドメイン(ccTLD)です。

この「.co」は、”co”という文字列が「company」「corporation」など、会社・法人を連想させるため、企業で使用されるケースが増えているようです。

また、”co”という文字列は”com”の一文字違いであるため、タイプミス(打ち間違い)により、既に”.com”ドメインで公開しているウェブサイトへの集客漏れ、また悪意のあるフィッシングサイトへ誘導される危険性が懸念されます。しかし”.com”と同じ文字列で”.co”ドメインを登録しておけば、フィッシングサイトなどへの誘導から本来のウェブサイトへのアクセスを保護し、集客漏れを防ぐことが可能になります。第三者による取得・運営により、利用者の誤認や混同を引き起こす可能性を排除できる、ブランド保護の観点からも注目されているドメインだそうですよ!

最新記事

すべて表示

【6月28日無料WEBセミナー 】いまさら聞けないドメインネームの基礎知識(中級編)

6月28日(月)13:00~14:00お申し込みはコチラ ※フォームが開かない場合はメール↓でお申込み下さい seminar-admin@brightsconsulting.com ※実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からで

【6月24日無料WEBセミナー 】ECサイトにおける侵害品削除の攻略法

*満員御礼* 6月24日(木)14:00~14:50 お申込みはについて 定員に達した為、Zoom視聴のお申し込みは締め切りました。 参加ご希望の方はお手数ですが、以下メールアドレスまでご連絡ください。 seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、W

新gTLDのTOP20ランキング(2021年6月)

2021年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し 2,614万件を記録しています。 主に「.icu」や「.top」の急減の影響で、毎月数百万件の減少が続いてきた新gTLDのドメインネーム登録件数ですが、今月は「.xyz」「.online」「.shop」の増加の影響もあり、全体の減少件数が大幅に縮小しているのが特徴です。(3月261万件減 → 4月139万件減 → 5