タコベルも使用!事例から学ぶ.co活用方法とは

今回は、クリエイティブなドメインネームで効果的なブランド戦略をしている企業さんをご紹介したいと思います。注目したのは、Taco Bellのドメインネーム。

そもそも、Taco Bellとは…

「牛角」「とり鉄」などを展開するアスラポート・ダイニングが、2015年4月21日、巨大メキシカンファストフードチェーン「タコベル(Taco Bell)」日本1号店を渋谷にオープン!

タコベルの親会社であるヤム・ブランズはケンタッキーフライドチキン(KFC)、ピザハットなど、世界125カ国で4万1000店舗以上のレストランを運営する世界最大規模のフードサービス企業。タコベルだけでも全米を中心に世界で6000店舗以上を運営し、毎週4200万人以上が利用しているというだけあって、かなり注目を集めました。

Taco Bellのドメインネーム

さて、そのTaco Bellなのですが、ドメインネームは、https://www.tacobell.com/です。


https://www.tacobell.com/

あれ??普通じゃない?と思った方もいると思うのですが、実は、「ta.co」が「tacobell.com」に転送されるようになっているんです!

Taco Bellのメインターゲットは若年層。

若年層によるスマートフォンからのアクセスが増加したため、より短く、入力しやすいドメインネームにしようと『ta.co』が登録されたと考えられます。

「.co」とは

ちなみに、「.co」は、南米コロンビアの国・地域別ドメイン(ccTLD)です。

この「.co」は、”co”という文字列が「company」「corporation」など、会社・法人を連想させるため、企業で使用されるケースが増えているようです。

また、”co”という文字列は”com”の一文字違いであるため、タイプミス(打ち間違い)により、既に”.com”ドメインで公開しているウェブサイトへの集客漏れ、また悪意のあるフィッシングサイトへ誘導される危険性が懸念されます。しかし”.com”と同じ文字列で”.co”ドメインを登録しておけば、フィッシングサイトなどへの誘導から本来のウェブサイトへのアクセスを保護し、集客漏れを防ぐことが可能になります。第三者による取得・運営により、利用者の誤認や混同を引き起こす可能性を排除できる、ブランド保護の観点からも注目されているドメインだそうですよ!

最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社