ドメイン・テイスティング

インターネットのドメインネームとIPアドレスを世界規模で管理しているICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)は2008年6月から2009年4月までの期間で、ドメイン・テイスティング(domain tasting)が99.7%減少したことを発表しました。

しかし、ドメイン・テイスティングとは何でしょうか。その行為は登録猶予期間(Add Grace Period)と深い関係を持っています。登録猶予期間はレジストラに与えられた5日間の返品可能期間であり、主に「com」や「net」といったgTLD(Generic Top Level Domain)にて導入されています。登録猶予期間制度の主な目的はスペルミスしてしまい、誤って登録されたドメインの取消でした。

ドメイン・テイスティングとは、レジストラが、前述した登録猶予期間を使い、ドメインネームの市場価値を試すことです。レジストラはまず、大量にドメインネームを取得し、登録猶予期間内にアクセス数等を調べ、ドメインネームの価値を判断した上で、無償で取消しができるのです。

しかし、2008年6月に登録猶予期間の取り消し件数は約1800万件を占め、深刻な問題になりました。それ故、登録猶予期間の悪用を停止するために、ICANNによって約1年前にドメイン・テイスティング対策を導入されました。その対策は、登録猶予期間内に取消したドメインネームの件数を1カ月単位で集計し、その件数または取消率が一定割合を定めました。それを超えた場合は、次の登録時に課金するようになりました。その対策の導入によって、ドメイン・テイスティングの件数が著しく減少し、2009年4月にはほとんどなくなりました。

ICANNによって導入された対策はドメイン・テイスティングだけでなく、ドメイン・キッティング(domain kiting)にも影響を及び、その件数も急減しました。ドメイン・テイスティングはドメイン・キッティングと密着していますので、間違えることが多いです。ドメイン・キッティングはドメインネームの登録、登録猶予期間内の取消、再登録を繰り返す結果、登録費を払わずに、ドメインネームを使えるのです。その行為は対策導入の前にも大きい問題でしたが、現在、件数は大幅に減りました。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社