ハンドメイドピアスを販売したい!「 商品役務名検索って?」

器用女子たちの間でハンドメイドが流行っていますよね。

minneさんなんか、とっても素敵な「世界でひとつのオリジナル作品」が沢山出品されていて、ついついウィンドーショッピングが止まらなくなってしまいます。


人気が出てきたハンドメイド商品。

ブランド名を決め「いざ商標出願!」となった際、必ず「商品役務(サービス)」の指定が必要になります。(他にも必要なものはありますが!)

商品・役務の指定って?

商標の登録を出願する際には、その商標を使用する商品役務(サービス)を指定するのですが、その指定された商品役務(サービス)が属する業種も合わせて指定します。 この業種のことを区分といいます。 この区分は第1類から第45類まで45種類があります。 そのうち、第1類から第34類までが商品の区分に該当し、35類から45類までが役務の区分に該当します。(詳しくはこちらをご参照ください)


「商標名(ブランド名)」×「その商標を使用する商品役務(サービス)」を指定し、商標登録願へ記載申請をするのですが、

この指定商品役務(サービス)の選択は、素人では判断がしづらく難しいもの。

今後の展開や商品の特性などを考え適切な指定が必要なのです。

J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)で簡易検索!



上記特許庁のサイト内に「商品・役務名検索」があるので、使用する言語を選択し、商品・役務名の欄に単語を入力。

試しに「ピアス」を入力して検索をします。


結果が出ました。

区分が08、10、14、44でした。

商品・役務名を読み解くと、「ピアスそのもの」の登録申請の場合は14類となりそうだということが推測できますね。

この指定を間違えてしまったり、指定漏れがあると正しく権利保護ができないことになるので、注意が必要です。

[考察]

J-PlatPatを利用して検索すると、適切な区分が簡単に検索できることがわかりました。

「ピアス」そのものなのか、「ピアスを開ける道具なのか」商品の使用範囲が肝心なのですね・・。

但し適切な区分を指定して権利化を進めることが大切なため、専門家へのご相談をおすすめいたします。

#簡易検索 #商標 #指定役務 #ハンドメイド #指定商品

最新記事

すべて表示

【中国】商標印刷管理弁法が改正されました

2020年11月3日付で、中国国家市場監督管理総局より、改正商標印刷管理弁法が公布されました。 今回の法改正で変更された部分は以下となります。 第11条、第12条、第14条 「工商行政管理局」が「市場監督管理部門」に変更されました。 第15条 「国家工商行政管理総局商標局」が「国家知的産権局」に変更されました。 第4条 「商標印製業務を委託する際に、委託側では《商標登録書》を提示した上で、そのコピ

【12月10日無料WEBセミナー】SSL対応が済んだら終わり…ではありません!SSL管理集約の必要性【GMOグローバルサイン・GMOブライツコンサルティング共催】

12月10日(木)無料 15:00~16:00 お申込みはコチラ ※実施当日正午受付〆切 ※フォームがうまく開かない場合はメールでお申込みください ↓ seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社