ハンドメイドピアスを販売したい!「 商品役務名検索って?」

器用女子たちの間でハンドメイドが流行っていますよね。

minneさんなんか、とっても素敵な「世界でひとつのオリジナル作品」が沢山出品されていて、ついついウィンドーショッピングが止まらなくなってしまいます。


人気が出てきたハンドメイド商品。

ブランド名を決め「いざ商標出願!」となった際、必ず「商品役務(サービス)」の指定が必要になります。(他にも必要なものはありますが!)

商品・役務の指定って?

商標の登録を出願する際には、その商標を使用する商品役務(サービス)を指定するのですが、その指定された商品役務(サービス)が属する業種も合わせて指定します。 この業種のことを区分といいます。 この区分は第1類から第45類まで45種類があります。 そのうち、第1類から第34類までが商品の区分に該当し、35類から45類までが役務の区分に該当します。(詳しくはこちらをご参照ください)


「商標名(ブランド名)」×「その商標を使用する商品役務(サービス)」を指定し、商標登録願へ記載申請をするのですが、

この指定商品役務(サービス)の選択は、素人では判断がしづらく難しいもの。

今後の展開や商品の特性などを考え適切な指定が必要なのです。

J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)で簡易検索!



上記特許庁のサイト内に「商品・役務名検索」があるので、使用する言語を選択し、商品・役務名の欄に単語を入力。

試しに「ピアス」を入力して検索をします。


結果が出ました。

区分が08、10、14、44でした。

商品・役務名を読み解くと、「ピアスそのもの」の登録申請の場合は14類となりそうだということが推測できますね。

この指定を間違えてしまったり、指定漏れがあると正しく権利保護ができないことになるので、注意が必要です。

[考察]

J-PlatPatを利用して検索すると、適切な区分が簡単に検索できることがわかりました。

「ピアス」そのものなのか、「ピアスを開ける道具なのか」商品の使用範囲が肝心なのですね・・。

但し適切な区分を指定して権利化を進めることが大切なため、専門家へのご相談をおすすめいたします。

#簡易検索 #商標 #指定役務 #ハンドメイド #指定商品

最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

【9月24日・28日無料WEBセミナー】ドメインネームマネジメントセミナー「ブランドTLDと新gTLDの有効活用」

9月24日(木)16:00~17:00 お申込みはコチラ 9月28日(月)14:00~15:00 お申込みはコチラ ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。この機会に是非ご参加ください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社