パラオの.PWが再発足!


取得可能ドメイン登録要件コメント.pwASCⅡ(英数字)/IDN(多言語)申請受付中

パラオの.PWが再発足!

パラオの.PWドメインについて、先日.PWのレジストリであるDirecti社の社長Bhavin Turakhia氏が今後、すべてのPWドメインの登録要件と費用をgTLD(例:.COM)と同様のものにすると発表しました。

.PWレジストリは近年、新たなサービスを提供しようと様々な方向性を模索し、セカンドレベルの新規登録の受付を一時的にペンディングしていました。このペンディングが解除され、新規登録受付が再開される予定です。また、それに加え、以下の6つのサードレベルドメインの新規登録受付が予定されております。

「co.pw、ne.pw、or.pw、ed.pw、go.pw、belau.pw」

上述のサードレベルドメインについて、詳細が発表され次第改めて報告いたします。

また、現在既に登録済み又は使用中の「.pw」ドメイン名に関しまして、レジストリに確認しておりますので、情報を入手次第報告いたします。

保護すべきブランドや社名などがある場合には、第三者に取得されるリスクを軽減させるために、優先登録期間の際に申請手続きされることを強くお勧めいたします。

また、ご登録いただくことにより以下のようなメリットも考えられます。

  1. パラオ共和国における効果的なWebプロモーション

  2. 貴社のブランドや商標の保護

  3. 第三者による不正取得の防止

  4. 顧客や取引先が貴社オフィシャルサイトと誤認・混同をする危険性の排除

この機会での登録(保護)をお勧めいたします。

商標権者向けの優先登録期間 – Sunrise Period

2012年12月3日から2013年2月8日まで

① Sunrise Periodに申請するためには商標登録証が必要です。なお、条約又は国、地方などに関する制限がないと予想されますが、その点に関する情報は未公開ですので発表され次第報告いたします。 ② 登録希望ドメインネームと登録商標名が一致していることが必要ではございません。サイバースクワッティングを防ぐため、接頭辞や接尾辞に追加された特定のキーワード、ミスペリング、類似性の高いものも対応可でございます。 (例:「Brights」の商標権者が「brights.pw」はもちろん、「brihgts.pw」、「ip-brights.pw」、「brights-trademark.pw」なども申請可となります。) ③ 2012年12月1日以前に登録された有効中の登録商標のみが対象です。 ④ 同じドメインネームについて複数の申請があった場合、オークションが開催される予定です。詳細は未公開ですので発表され次第報告いたします。

優先登録期間 - Landrush Period

2013年2月18日から2013年3月18日まで

① 申請者に関する制限事項はありません。但しLandrush Period以前に登録されたドメインに関する申請は拒否されます。 ② 同じドメインネームについて複数の申請があった場合、オークションが開催される予定です。詳細は未公開ですので発表され次第報告いたします。

一般登録期間 - General Availability Period

2013年3月25日から

① 申請受付は“First Come, First Served”(=早いもの勝ちの先願登録)となっております。 ② 優先登録期間の際に登録済みになっていないドメイン名が登録対象です。 ③ 登録者に関する制限事項はありません。

その他の登録要件

① IDN(多言語)のホスト名の登録が可能です。 ② ホスト名の文字列長に関する詳細は未公開ですので発表され次第報告いたします。 ③ 各登録期間において登録されるドメイン名の有効期間に関する詳細はまだ未公開ですので発表され次第報告いたします。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社