ベネズエラ:異議申立手続きの変更

ベネズエラの商標局は2016年9月8日付けの臨時商標公報で、2016年11月8日までに、現在係属中の異議申立ての継続を希望するか否かの意思表明をするよう、異議申立人に求めました。

もし何の意思表明もされない場合、商標局はその商標権についての異議放棄とみなします。

また、意思表明された場合は、その申立てが公告されます。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【アルメニア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりアルメニアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

第2回日中商標制度シンポジウム聴講レポート【後編】~審査の現場:中国国家知識産権局商標局審査二処「悪意商標出願阻止」の取り組み~

日本貿易振興機構北京代表処・中華商標協会主催で、10月22日に開催された、第2回日中商標制度シンポジウムを聴講した中国現地メンバー申(shen)より、最新のレポート、後編です。 <申(shen)コメント> 「「悪意商標出願」阻止のために、中国において商標の商標法の改正や全面審査プロセスといった制度・手続き面の拡充が進んできました。それを受けて、出願する側にも、このシンポジウムのような機会を有効に使

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社