ベネルクスにおける商標手続きの改正

ベネルクスにおいて、商標の手続きが改正されました。改正の概要は使用言語として英語を認めること、登録商標更新手続きの簡易化、異議申立可能期間の起算日の変更、異議申立停止期間の変更の4点です。

① 使用言語として英語を認可 今後、ベネルクスにおける商標登録に英語が使えるようになります。しかし、特に手続きの際に英語の使用が義務付けられる訳ではありません。例えば、異議申立てがかけられた出願の使用言語が英語であったとしても、申立人に英語を使用する義務はなく、従来通りフランス語やオランダ語で異議申立手続きがなされることがあります。

② 登録商標更新手続きの簡易化 2013年10月1日から、更新の際の申請書の提出が不要になります。ベネルクス特許庁のウェブサイト上で手続きを行い、相応の手数料を支払うだけで更新が可能となります。

③ 異議申立可能期間の起算日の変更 今後、異議申立可能期間は公告日から起算されます。これまでは実際の公告日の翌月1日が起算日でした。 すなわち、2013年10月11日に商標が公告された場合、これまでは2013年11月1日が起算日となり、2014年1月1日までが異議申立可能期間でした。今後は2013年10月11日を起算日とし、2013年12月11日までが異議申立可能期間となります。

④ 異議申立停止期間の変更 当事者間の合意に基づく異議申立手続きの停止期間がこれまでは2カ月でしたが、4カ月に延長されます。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社