モザンビーク:使用意思宣誓書提出に関して

2016年12月6日付でお伝えした、国際出願の指定国にモザンビークが含まれる場合は使用宣誓書提出が必要になったとお伝えしましたが、期限日・オフィシャルフィーについて追加の発表がありました。

1. 国内出願・国際出願における事後指定両方で使用意思宣誓書の提出が必要です。 2. 国内出願においては、出願日から5年後に最初の使用意思宣誓書を提出しなければなりません。その後は更新日から5年後に提出が必要となり、更新日には提出不要です。 3. 使用意思宣誓書は上記記載の5年目の前後6ヶ月間の期間に提出が可能です

また、モザンビーク官庁によると、起算日は国際登録日ではなく、WIPOからモザンビーク官庁に通知があった日とのことです。

オフィシャルフィーに関しては、クラス毎に費用がかかるようになるとのことです。

本件に関する詳しい内容につきましては、下記問い合わせ先までご連絡ください。

最新記事

すべて表示

【12月10日無料WEBセミナー】SSL対応が済んだら終わり…ではありません!SSL管理集約の必要性【GMOグローバルサイン・GMOブライツコンサルティング共催】

12月10日(木)無料 15:00~16:00 お申込みはコチラ ※実施当日正午受付〆切 ※フォームがうまく開かない場合はメールでお申込みください ↓ seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【アルメニア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりアルメニアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社