モザンビーク:知財法改正

モザンビークにて2016年3月31日から改正知財法が発効します。商標に関わる主な改正内容は以下の通りです。

① 審査範囲の拡大 商標審査の際、関連または類似の商品・役務を指定した商標との比較が含まれるようになります。

② 異議申立期間の短縮 改正法発効後、商標公告後の異議申立期間は今までの60日間から30日間に短縮されます。 異議申立期間延長申請手続で60日間延長できる点は、現行法と変わりません。

③ 使用宣誓書について 使用宣誓書を提出する際、すべての指定商品・役務で登録商標を使うと宣誓する必要がなくなります。 また、モザンビークを指定した国際登録商標の使用宣誓提出期限について、現行法ではモザンビークを指定した日より5年間ですが、改正法発効後、当該期間の起算日が国際登録日となります。

④ 公報の発行について 知的財産権公報の発行頻度が2カ月に一度から毎月に変更されます。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【ベトナム】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月3日よりベトナムの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【クウェート】ロックダウン期間の商標再公告による異議申し立て期間の実質延長(2021年1月16日まで)

クウェートにおいて、新型コロナウイルス感染症流行と、ロックダウン措置の影響で、多くの企業活動がストップした影響を考慮し、2020年1月から2020年3月までに公告された全ての商標について、2020年11月17日に再公告が実施されました。 この再公告を起点に、再度60日間の異議申立て期間が設定されております。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社