ヨルダンでクラスヘディングによる出願が不可能に

ヨルダンで商標法が改正され、クラスヘディングの指定商品・役務を指定しての出願が不可能になりました。

改正後の指定商品・役務について

ニース国際分類に従う形で具体的に商品・役務を指定することになります。 クラスヘディングによる包括的な指定が不可能になり、より細分化された商品・役務を指定しての出願が義務付けられます。

現在登録済みの商標について

現在登録済みの商標権の効力に対する影響はありません。新たな指定商品、役務に書き換えることも、更新の際に新たに商品、役務を指定し直すことも必要ありません。

現在出願中の商標について

クラスヘディングの指定商品・役務を指定しての出願については、指定商品・役務をより具体的な記述に補正する必要があります。 この補正についてオフィシャルフィーは掛かりません。

本件改正はヨルダンにおける不使用商標の数を削減することがその趣旨であると考えられます。 クラスヘディングでの出願が不可能になったことで、より具体的な指定商品・役務の選定が必要になります。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

【アルメニア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりアルメニアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

第2回日中商標制度シンポジウム聴講レポート【後編】~審査の現場:中国国家知識産権局商標局審査二処「悪意商標出願阻止」の取り組み~

日本貿易振興機構北京代表処・中華商標協会主催で、10月22日に開催された、第2回日中商標制度シンポジウムを聴講した中国現地メンバー申(shen)より、最新のレポート、後編です。 <申(shen)コメント> 「「悪意商標出願」阻止のために、中国において商標の商標法の改正や全面審査プロセスといった制度・手続き面の拡充が進んできました。それを受けて、出願する側にも、このシンポジウムのような機会を有効に使

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社