仏領ポリネシア:フランスの商標権拡張について

仏領ポリネシアは2004年3月3日のLaw No.2004-192発効により自治権を獲得したため、フランス商標権の効力が仏領ポリネシアに及ばなくなっていましたが、2014年2月1日にフランスと仏領ポリネシアの間で協定が施行されたことにより、フランスの商標権が拡張される旨、以下のように詳細が決まりましたので、お知らせいたします。 (ただし、CTMやマドリットプロトコル経由の商標は含まれていません。)

1. 2004年3月3日から2014年1月31日までにフランス特許庁へ出願または更新申請をした商標の場合 仏領ポリネシアで商標権を有効にするためには、2015年9月1日まで※に仏領ポリネシアの管轄当局へ承認の申請をする必要があります。 (※承認申請の期限はフランス特許庁からの情報によると2023年9月1日と発表されていますが、仏領ポリネシアのウェブサイトでは2015年9月1日となっているため、2015年9月1日としています。代理人から追加情報があり次第、続報をお知らせします。)

2. 2014年2月1日以降に出願や更新申請をする場合 仏領ポリネシアで商標権を有効にするためには、フランス特許庁への出願・更新申請時に仏領ポリネシアへの拡張申請を行う必要があります。

3. 2004年3月3日より前にフランス特許庁へ出願または更新申請をした商標の場合 仏領ポリネシアでも自動的にフランス本国と同様の権利が生じます。例えば、2004年3月1日にフランスへ出願した商標の場合、自動的に仏領ポリネシアで保護されていますが、2014年に更新する際は拡張申請が必要になります。

代理人から詳しい情報が入り次第、続報をアップデートいたします。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社