出願商標から見る、『F1』と仮想通貨の意外な関係性の高さとは

「技術」を守る特許とは違い、「ビジネス」を守る商標からは、今後のビジネス化動向を予測することが可能です。 世界最大の商標データベースGlobalBrandDatabaseで、指定商品”Cryptocurrency(仮想通貨/暗号通貨)”を含む出願件数を年別に確認した結果がこちら。

2018年は1,412件の出願件数と現時点の集計にも関わらず、既に2017年度の件数の3倍以上の増加数であることが分かります。仮想通貨のブームは終わってなどおらず、盛り上がりは続いていることが伺えます。

また、1番多い出願を行っているのが、FORMULA ONE LICENSING B.V.というF1の非公開株式会社でした。

Formula oneの出願商標は、下記のようなロゴを中心とした出願内容であり、出願区分は、仮想通貨事業でメイン区分となる、”金融や電子決済”などが対象となる36類を指定した出願がされています。


[su_heading]「F1」×「仮想通貨」[/su_heading]

一見関係性の低そうな組み合わせですが、仮想通貨のICO(仮想通貨で事業を立ち上げる際のお金を集める仕組みのこと)のなかには、スポーツやイベントの実行を目的に開催されるものも複数あり、今スポーツ業界から注目を集めていると言います。その中でも、F1レースのサーキット建設計画やスポーツヘの貢献を目的とする”Bitrace”という仮想通貨は、レース好きの投資家から現在たくさんの資金を集めており、将来性の期待がされている注目株。

<”Bit”を指定商品に含む商標出願>

”Bitrace”に見るように、仮想通貨の代表格であるビットコイン(bit coin)に因んで、仮想通貨名に”bit”を含んだネーミングがトレンドとなっています。このような商標は、データベース上で2,214件確認でき、中には有名企業が、サービスローンチより以前に商標出願をしていることが確認できました。

このように、”bit”を含む商標名をデータベースで注視していると、意外な企業の仮想通貨事業参入の気配をいち早くキャッチすることができるかも、しれません。

また、近年F1のスポンサーとして増加してきたのが金融系企業。BitcoinやEthereumなどのスポンサーコンセプトカーが確認できます。F1と仮想通貨の関連性は高まりつつあり、今後もF1のスポンサーに金融系企業が多い傾向は変わらないと推測されています。


[su_heading]「F1」×「ブロックチェーン」[/su_heading]

ブロックチェーンとは、ビットコイン(bit coin)のトランザクションを、時系列順に表示するための記録のこと。この技術により、全てのユーザー間における取引情報を確認することが可能な仕組みとなっています。ブロックチェーンは、仮想通貨のためだけの技術ではなく、金融以外の分野、例えば行政や、健康、科学、カルチャーなど、今後も、幅広い分野のサービスに利用されていくことが予測されています。そんな中、昨今の自動車業界では自動運転者実現のために、技術的要素としてブロックチェーン技術を取り入れようとしており、2018年5月、F1の世界においてもブロックチェーン技術が導入される可能性が高まっていることが、海外メディアより報じられたばかり。

<”Blockchain”を指定商品に含む商標出願>

”Blockchain”を指定商品に含む商標出願は2,278件確認でき、出願区分*は1から45区分全ての出願商標が確認でき、幅広い分野でのブロックチェーンの活用が予測できます。

[su_box title=”*区分とは”]商標を出願する際には、その商標を使用する商品や役務(サービス)を指定するのですが、その指定された商品や役務が属する業種も合わせて指定します。 この業種のことを”区分”といい、1から45区分まで存在します。[/su_box]

こちらも、”bit”同様、データベースを注視することで、異業界のブロックチェーン参入が垣間見れるかもしれません。

FORMULA ONE自体が仮想通貨事業をしているといった情報は確認できませんでしたが、仮想通貨事業のメイン区分である36類で、”Cryptocurrency(仮想通貨/暗号通貨)”を含む出願を多数行っている点、F1と仮想通貨の関連性の高さのトレンドを踏まえると、今後FORMULA ONEが、スポーツ全体の向上を目的とした仮想通貨事業の参入、となるかもしれません。

https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fmedia.brightsconsulting.com%2Fmagazine%2Ftm-magazine%2Ff1%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=large&show_faces=true&share=true&height=80&appId

〈ライタープロフィール〉 中山 礼美(なかやま れいみ)

GMOブライツコンサルティング株式会社 IPソリューション部/メディア担当 consul@brights.jp

2011年に入社後営業サポート業務に携わり、2017年5月よりメディア担当者として、商標やドメインネームの業務を学びながら記事を発信。様々な業界のトレンドを意識した記事作りの難しさに奮闘中。趣味は食べるコト、プチプラでお得なものを探すこと。

#nakayama

1回の閲覧

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社