南スーダン:特許庁業務の一時停止

南スーダン法務省より、「特許庁業務を一時的に停止する」との発表がなされました。

南スーダンでは、2011年7月9日の独立以来、法務省が商標出願申請の受理をした時期がありましたが、これは投資家を安心させるための対応であり、知的財産権の保護に関しては、実務運用、法制度上の問題が解決されていませんでした。(新法の実施も保留されている状態です。)

商標登録に関するこれらの問題解決が図られる間、特許庁業務が一時的に停止されます。

新しい情報が入り次第、続報をアップデートいたします。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

0回の閲覧

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社