商標における「使用」

登録される商標

登録主義*1・使用主義*2を問わず多くの国・地域において、商標 とは、商業活動で「使用」しているマークだと、規定されています。登録される商標は、原則的に「使用」している、もしくは「使用予定」であることが前提とされています。

そして、使用主義の国・地域の場合(しばしば登録主義の国・地域であっても)、「使用」していること(「使用予定」であること)を宣誓(使用宣誓書の提出)する必要があります。さらに、国・地域によっては、その宣誓とともに「使用」している証拠(使用証拠)の提出を求められることもあります。

また、登録時や更新時には使用証拠が求められない国・地域においても多くの国・地域では、登録後であっても継続した一定以上の期間で、使用していない状況(不使用)であることが認められると、その権利が取消されます。

*1 最も早く出願(登録)したものに、商標権が生じるという考え方

*2 最も早く商標の使用を始めたものに、商標権が生じるという考え方

商標における「使用」とは

一般的に商標における「使用」とは、商業活動でその商品もしくはサービスを表す 文言や象徴的なマークとして利用されている状態を言います。ただし、実務運用とし ては、国・地域により判断が分かれることもあり、さらに同じ国でも「どこまでが使 用と言えるのか」は、裁判により判断が分かれることもあります。

●「使用」として認められる例

前述の通り、国・地域により「使用」として認められる状態は異なる可能性がありますが、一般的には以下のような状態が「使用」していると認められるとされています。

  1. ラベルやタグ、商品やその包装物に商標が刻印されている。

  2. ラベルやタグに付された商標が、指定商品に直接つけられている。

  3. 商品の包装物やその容器に商標が付されている。

  4. パンフレットに、サービスを識別するマークとして付されている。

  5. 看板に商標を付し、サービスを案内している。

●登録時や更新時に、使用宣誓手続きと使用証拠を求められる国 ・・・アメリカ、フィリピン、カンボジアなど


●登録時や更新時に、使用宣誓手続きを求められる国 ・・・カナダ(新商標法は現時点で2018年に発効予定)、モザンビークなど


[su_divider][su_heading size=”15″][/su_heading][/su_divider]

弊社では、以下をはじめとする各種対応が可能ですので、弊社HPも併せてごらんくださいませ。



最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

【9月24日・28日無料WEBセミナー】ドメインネームマネジメントセミナー「ブランドTLDと新gTLDの有効活用」

9月24日(木)16:00~17:00 お申込みはコチラ 9月28日(月)14:00~15:00 お申込みはコチラ ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。この機会に是非ご参加ください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社