大手企業各社が音商標を出願  世界の音商標出願状況とは



世界的に商標を見たとき「音」はどのような登録がされているのか、世界最大規模の無料の商標データベース「TMview」から確認をしてみましょう。

[su_heading]検索条件[/su_heading]

商標機関:TMview対象国すべて

商標タイプ:音商標

商標の状態:出願中/登録

権利者TOP20

音商標を多く出願している権利者TOP20は下記通りです。


1位:Telewizja Polska Spółka Akcyjna

ポーランド・テレビ SAはポーランド全土を放送エリアを構える公共テレビ局。

2位:주식회사 엘지

LG。大韓民国のLGグループの中核をなす総合家電、情報通信メーカー。

3位:adp Gauselmann GmbH

ドイツにあるADP Gauselmann GmbHは、アミューズメント、マルチゲームスロット、インターネット接続が可能なインフォテイメント端末、お金交換機等を製造販売している会社。

4位:株式会社サンセイアールアンドディ

愛知県名古屋市中区に本社を置くパチンコ・パチスロ機の製造・販売会社。

5位:REGIOCAST GmbH & Co. KG

ドイツ ライプツィヒのラジオ放送局。

9位:TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION 20世紀フォックス映画は、アメリカ・ロサンゼルスを拠点とする映画会社・映画スタジオ。

12位:Norddeutscher Rundfunk Gemeinnützige Anstalt des öffentlichen Rechts 北ドイツ放送は、ハンブルクに本部を置くドイツの公共放送局。ARD加盟9局のひとつ。

13位:Zweites Deutsches Fernsehen 第2ドイツテレビは、ドイツ・ラインラント=プファルツ州の州都マインツを本拠地としている公共放送局。

TOP20の権利者を見ると、テレビ局放送局やラジオ放送局、映画スタジオ、等放送業界が多いことがわかりますね。

区分:


【まとめ】

国内の権利者TOP20は下記通り、1位2位はパチンコ・パチスロ業界でした。日本のパチンコ・パチスロで使用される「音」は単なる液晶を装飾する音という立ち位置でなく、大事な「サウンドロゴ」として扱われていることが垣間見れました。


海外の傾向とは違い、放送業界の出願はランクインせず、国内大企業がコマーシャル等で使用する「音」を登録している傾向であることがわかりました。今後国内だけでなく海外での動向も併せて確認したいと思います。


最新記事

すべて表示

【日本】一都三県緊急事態宣言発出に伴い、特許庁窓口出願が停止されます。

2021年1月7日に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が再度発出されたことを受け、特許庁(JPO)では、出願等の窓口受付の原則停止、特許庁職員のテレワークの実施などの措置を講じており、出願に関しては、電子出願と郵送による出願が推奨されております。 郵送事情の変化による到着遅延や、連絡・相談にすぐに対応してもらえなくなる等の影響が懸念されますので、ご留意く

【イギリス】2021年1月以降の商標出願に現地送達先住所記載が必要となります。

イギリスの欧州連合離脱(Brexit)における移行期間が2020年12月31日で満了することを受け、イギリス知財庁は、2021年1月1日以降の出願について、現地(英国、ジブラルタル、チャンネル諸島)の送達宛先住所記載を要求するとしています。 2020年12月31日時点(移行期間満了までに)欧州連合商標としてイギリスにおいても同等の登録が済んでいる商標に関しては、この要求は適用されないため、新たに現

【ザンビア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、2021年1月21日よりザンビアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社