新gTLD「.公司」と「.网络」の申請受付再開始のお知らせ

中国語で「.com」と「.net」に相当する「.公司」と「.网络」というTLDは2010年より中国国内において運用が開始されました。当時、インターネット上で最初に開始された多言語のTLDの二つでしたが、ICANNではなく、「.CN」のレジストリであるCNNICの管理下にあったため、中国のレジストラに限定されておりました。

ICANNの運用ルールと統一するため、CNNICは2012年4月に「.公司」と「.网络」の新gTLDとしての再委任をICANNに申請し、その結果、「.公司」と「.网络」は2014年1月21日にICANNに再委任されました。それまで登録されました「.公司」と「.网络」のドメインネームを新しいシステムへ移行するため、新しい登録は2014年1月21日から一時的に停止されましたが新gTLDとして運用となっても、現存ドメインネームは従来通り維持されることになります。

2014年7月31日からは商標権者(国問わず)向けのパイオニア登録期間(Pioneer Period)が開始されました。パイオニア登録期間後、先願登録期間と一般登録期間が予定されていますが、現時点で開始のスケジュールは未定です。詳細が決まり次第、ご案内いたします。

パイオニア登録期間 – Pioneer Period

2014年7月31日から2014年8月20日まで

① 商標権者(国問わず)を対象に設けられた限定登録期間です。 ② Trademark Clearinghouse(TMCH)で登録された商標は対象外となっています。 ③ 有効の商標(国を問わず)の文字列はホストネームと完全一致する必要があります。 ④ ドメインネーム申請者が同じ商標権者である必要があります。 ⑤ 中国語とアルファベットの文字列は両方登録申請することができます。中国語とアルファベットの混合のホストネームも可能です。。 ⑥ 複数の読み方のある漢字の商標は、その全ての読み方から文字列を選ぶことができます。尚、読み方一つに付き、一つのドメインネームを登録する必要があります。 ⑦ 申請受付は “First Come, First Served” (=早いもの勝ちの先願登録)です。 ⑧ 登録者が中国法人か海外法人によって、必要書類が異なります。

※ 登録者が中国法人の場合 A 商標登録証(国問わず)のカラーコピー B 中国法人登記簿謄本(営業許可書)のカラーコピー C 中国法人組織コード証明書のカラーコピー D 中国法人のご担当者様の居民身分証明書(両面)のカラーコピー

※ 登録者が中国法人ではない場合 A 商標登録証(国問わず)のカラーコピー B 登記簿謄本のカラーコピー(英訳必須)(英訳の代行は弊社にて承ります)(日本法人は現在事項一部証明書)

先願登録期間 -  Landrush Period

未定

一般登録期間 – General Availability

未定

ドメインネーム登録申請種別価格(税別)①パイオニア登録期間お問い合わせください / 4 年②先願登録期間未定③一般登録期間未定

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

1回の閲覧

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社