新gTLDのTOP20ランキング(2020年6月)

2020年6月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比6万件減少し、約3,538万件を記録しています。

新gTLDのドメインネーム登録件数は2019年11月中旬頃、初めて3,000万件を超えてから成長し続けてきました。

2020年1月~4月までの増加件数は徐々に鈍化 してきましたが(210万件→120万件→74万件→17万件)、5月に再び60万件に伸びました。しかし、6月は大きく増加した5月の反動もあり、減少に転じています。


新gTLDの登録件数TOP20は下記の通りです。


6月1日現在のデータです。


今月は、新gTLDのドメインネーム登録件数が全体的に減少している中で、20位内の順位変動がないのが特徴です。 前例のない成長を見せながら1位に上がってきた「.icu」は、今月は約5万件の減少で664万件を記録しています。

最近成長の勢いが鈍化してきた「.icu」ですが、先月は初めて減少(2千件)に転じ、今月は5万件まで減少件数が拡大しました。


「I see you」の略語である「.icu」は、2019年11月中に375万件の登録件数で初めて1位に上昇し、2020年1月1日には新gTLDとして初めて500万件を、2月1日には600万件を超えました。月間増減数を見ると、1月に98万件増、2月に132万件増、3月に21万件増、4月に10万件増、5月に2千件減、6月に5万件減と2月をピークに成長の勢いが落ちています。


低価額で登録可能な「.icu」は、違法ダウンロードサイトに使われるケースも多く、摘発されるとすぐサイトを閉鎖するケースも多く見られます。「.icu」が初めて100万件を超えたのは2019年7月のことで、今後これらのサイトのドメインネーム非更新による影響は、さらに広がる見込みです。


また、今月は2位の「.top」は11万5千件減少、4位「.site」は5万件減少、9位の「.shop」と14位の「.fun」はそれぞれ1万7千件減少するなど、20位内の減少も目立っています。


このような減少傾向の中でも、「.online」は4万6千件増加、「.sotre」は2万件増加するなど、先月に続き、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりオンラインショップ系のドメインネームの拡大傾向が続いているようです。 しかし、「.online」などを利用した詐欺サイトも増えているようで注意が必要です。


関連記事 急増する詐欺サイト!.XYZや.ONLINEなど見慣れないドメインにご用心!


本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社