新GTLDのTOP20ランキング(2020年8月)

2020年8月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比10万件減少し、約3,519万件を記録しています。

新gTLDのドメインネーム登録件数は2019年11月中旬、初めて3,000万件を超えました。

その後も成長を続けてきましたが、2020年に入って増加ペースが次第に鈍化し、6月には減少に転じました。 2020年の増減数を見ると、210万件増 (1月)→ 120万件増(2月) → 74万件増(3月) → 17万件増(4月) → 60万件増(5月) → 6万件減(6月) → 9万件減(7月)→ 10万件減(8月)と、今月は減少幅がより拡大しています。 このような傾向は、急成長してきた1位の「.icu」の増加ペースの鈍化が影響していると見られます。

新gTLDの登録件数TOP20は下記の通りです。


8月1日現在のデータです。

順位変動(前月比)新gTLDドメインネーム登録件数



今月は、20位内の新gTLDのうち、1位の「icu」(22万件減)、2位の「.top」(6万件減)、12位の「.live」(6万件減)の大幅な減少が見られます。

「I see you」の略語である「.icu」は、2019年11月中に375万件の登録件数で初めて1位に上昇し、2020年1月1日には新gTLDとして初めて500万件を2月1日には600万件を超えました。 2020年の月間増減数を見ると、98万件増(1月) → 132万件増(2月)→ 21万件増(3月)→ 10万件増(4月) → 2千件減(5月)→ 5万件減(6月)→ 3万件減(7月)→ 22万件減(8月)と、5月に減少に転じ、8月に入って大幅に減少していることが分かります。 「.icu」が初めて100万件を超えたのは2019年7月のことで、その1年後である2020年7月以後、ドメインネームの非更新による影響が反映されていると思われます。低価額で登録可能な「.icu」は、違法ダウンロードサイトに使われるケースも多く、多くは摘発されるとすぐサイト閉鎖されます。このような違法サイトや未使用ドメインネームの非更新が続くことで、今後「.icu」の登録件数の大幅な減少とともに、新gTLD全体の登録件数の減少に影響を与えると予測されます。 一方、5位の「.online」と16位の「.store」の場合、それぞれ5万件と2万5千件増加しており、これらの新gTLDはオンラインショップ系のドメインネームとして使われることから、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、引き続きネット通販サイトが拡大傾向にあることが伺えます。しかし、「.online」などを利用した詐欺サイトの被害も増えていますので、引き続きご注意ください。

関連記事 急増する詐欺サイト!.XYZや.ONLINEなど見慣れないドメインにご用心!

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年1月)

2021年1月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比66.6万件減少し、3,225万件を記録しています。そのうち、1位の「.icu」の減少件数は約30万件、3位の「.top」の減少件数は約11万件と引き続き大幅な減少傾向が続いています。 新gTLDのドメインネーム登録件数は「.icu」の急成長による影響もあり、2019年11月中に初めて3,000万件を超えてから、2020年4月には

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年1月)

2021年1月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 2020年12月1日にサンライズ登録受付を開始した「.beauty」「.hair」「.skin」「.makeup」「.quest」 は、2021年2月5日までの受付期間を設けています。これらの新gTLDのレジストリはXYZ.COM LLCです。「.makeup」と「.quest」の場合、

【事例紹介】ドメインマネジメントガイドラインをご導入企業、株式会社リコー様のインタビュー記事を公開しました。

弊社が提供するサービス、ドメインマネジメントガイドライン(新規策定・リニューアル)をご導入いただいているお客様の事例紹介として、株式会社リコー様のインタビュー記事を公開いたしました。 日々のドメインマネジメント業務に関する課題、ゼロからのガイドライン作成、ガイドラインの見直し検討等、ご状況に合わせてコンサルタントが丁寧に支援させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社