日本:商標印紙代の値下げ(速報)

日本において、商標手続きにおける印紙代の値下げが検討されています。 値下げが検討されている商標に関する費用は商標設定登録料と更新登録料です。

特許庁の商標部門における料金引下げの理由として以下のようなことが挙げられています。

  1. 現行の料金体系において、特許特別会計の中長期的な収支見通しを試算したところ、商標部門は今後中長期的に収支がプラスになることが見込まれるため。

  2. 商標権の取得及び維持に係る負担を軽減し、更なる利用拡大を促すことが、日本経済の活性化を推進する上で重要であるため。

料金改定の具体的な時期や手数料など詳しい情報が入り次第、続報をアップデートいたします。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

【9月24日・28日無料WEBセミナー】ドメインネームマネジメントセミナー「ブランドTLDと新gTLDの有効活用」

9月24日(木)16:00~17:00 お申込みはコチラ 9月28日(月)14:00~15:00 お申込みはコチラ ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。この機会に是非ご参加ください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社