[更にお得に!]ドメイン移管(・更新)サービスの価格改定 

海外展開やM&Aが活発化する中で、「情報資産管理の観点から、ドメインネームの一元化を達成したい!」というお声をよくいただいております。


弊社では、一元化に伴う管理コストの増加を抑えるため、

移管費用と翌年以降の更新費用の価格変更をさせていただきます。

コストを下げ、一元化をする良い機会ではないでしょうか?

一部抜粋ですが、価格改定の費用をご案内いたします。☟


以下、移管手続きについてのよくある質問をいくつかご紹介いたします。

対応可能なドメイン名は?

全世界の様々なTLD(gTLD、ccTLD、新gTLD)の対応が可能です!

上記リスト以外、すべてのTLDにおいて価格改定を行っておりますので、お気軽にお見積りのご依頼をいただければと思います。

お問合せはコチラから。

そもそも移管って何?

ドメインを取得すると、ドメインの更新期限や権利状態を管理する管理会社によってドメインが管理されます。

ドメイン管理会社をA社からB社へ変更することを「ドメインの移管手続き」と呼んでいます。

ドメインの管理移管作業は、ドメインの種類によって作業手順が異なります。

また、ドメイン個々の運用状態によっても手順が異なる場合がありますので、実際の移管作業時に具体的なご案内をさせていただきます。


移管のイメージ

みなさん携帯電話をお持ちですよね?

お持ちの方は各種携帯電話会社と契約をされているかと思いますが、契約会社をD社からS社へ変更(乗り換え)することと同じイメージです。

乗り換えの際、電話番号はそのままで、なのか変更するのか、窓口の方がいろいろ確認をしながら進めますよね。それと同様に弊社担当がわかりやすく、確認サポートをさせていただきます。


移管作業はどのくらい日数がかかるの?

ドメインの管理移管作業は、ドメインの種類によって作業手順が異なりますので、

早ければ2~3営業日で終われるケースがあれば、やはり数ヶ月かかってしまうケースもあります。



弊社への移管手続きのご依頼を心よりお待ち申し上げております。

その他、ご不明点などございましたらお気軽にお問合せくださいませ。


最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

【9月24日・28日無料WEBセミナー】ドメインネームマネジメントセミナー「ブランドTLDと新gTLDの有効活用」

9月24日(木)16:00~17:00 お申込みはコチラ 9月28日(月)14:00~15:00 お申込みはコチラ ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。この機会に是非ご参加ください。

【オーストラリア】オフィシャルフィーの変更

オーストラリアにおいて、商標手続きにかかるオフィシャルフィーの変更について8月18日に公布されました。 出願、登録、更新 ともに、概ね50~100A$の変更となります。 適用は、2020年10月1日からとなります。 具体的な金額等、本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社