第41回ICANNシンガポールミーティングが終了いたしました

2011年6月19日より始まった、第41回ICANNシンガポールミーティングは、本日24日に全工程を終了いたしました。

24日に行なわれたICANN理事報告会では、ICANNの透明性に関する協議、2012年度のICANNの予算、次回以降のICANNミーティングに関することなど、9つのアジェンダに関する報告がありました。特に「ICANNによる内部状況の説明責任と透明性に向けた27の勧告の導入」に関しては、去る3月に開催されたICANNサンフランシスコミーティングにて今後の課題として挙げられましたが、ICANN理事の報酬に関して今後も調査を続行するとされた以外、全て導入されることとなりました。

今回のICANNミーティングでは、上述のアジェンダの他、これまでICANNチェアマンを務めたPeter-Dengate Thrush氏の任期満了により、Steve Croker氏が新チェアマンとなることや、ここ数年に渡り新gTLDプログラムの作成に深く関わってきたRita Rodin Johnson氏の退任などが発表されました。

第41回ICANNシンガポールにて最も注目されたのは「新gTLD申請ガイドブック」の正式採択と今後の申請に向けた新スケジュールの発表であると言えます。

2008年6月のICANNパリミーティングにて、導入に向けた具体的に動きが発表された「新gTLD申請プログラム」ですが、その後何度かのプログラム導入延長を経て、正式採択がされました。

プログラムが延期されてきた背景として、ICANN理事会とGAC(政府諮問会)との意見の調整がつかなかったことが挙げられます。前回のICANNサンフランシスコミーティング以降は、GACが提示した80の(項目再考)リクエストをICANN理事会がどの様に新gTLD申請ガイドブックに取り込むのか注目されてきましたが、基本的にはGACの意見を取り入れる形で調整がされました。

プログラムとして正式採択されたことは、これまでのインターネットの歴史においても、最も大きな動きのひとつであると言えるでしょう。新gTLDの申請は、2012年1月12日より開始されます。

新gTLDプログラムの正式採択により、今後世界中が大きく動き出します。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

新gTLDのTOP20ランキング(2021年1月)

2021年1月1日時点で、新gTLDのドメインネーム登録件数は前月比66.6万件減少し、3,225万件を記録しています。そのうち、1位の「.icu」の減少件数は約30万件、3位の「.top」の減少件数は約11万件と引き続き大幅な減少傾向が続いています。 新gTLDのドメインネーム登録件数は「.icu」の急成長による影響もあり、2019年11月中に初めて3,000万件を超えてから、2020年4月には

Sunrise開始中・開始予定の新gTLDのご案内(2021年1月)

2021年1月1日時点で、サンライズ(商標権者向け優先登録期間)開始中及び開始予定の新gTLDをご案内します。 2020年12月1日にサンライズ登録受付を開始した「.beauty」「.hair」「.skin」「.makeup」「.quest」 は、2021年2月5日までの受付期間を設けています。これらの新gTLDのレジストリはXYZ.COM LLCです。「.makeup」と「.quest」の場合、

【事例紹介】ドメインマネジメントガイドラインをご導入企業、株式会社リコー様のインタビュー記事を公開しました。

弊社が提供するサービス、ドメインマネジメントガイドライン(新規策定・リニューアル)をご導入いただいているお客様の事例紹介として、株式会社リコー様のインタビュー記事を公開いたしました。 日々のドメインマネジメント業務に関する課題、ゼロからのガイドライン作成、ガイドラインの見直し検討等、ご状況に合わせてコンサルタントが丁寧に支援させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社