第43回 ICANN報告会

2015年7月28日、東京ミッドタウンのシスコシステムズ合同会社にて、JPNIC主催の第43回ICANN報告会が開催されました。

2015年6月21日~25日にアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスで開催された「ICANN53 Buenos Aires」の報告会であり、総務省やICANN関係者を含む9名が講演をしました。

講演内容はこちらをご覧ください。

第43回ICANN報告会の会場様子

現在、ICANN関連で一番注目を集めているのは、IANA Transitionと呼ばれる「ICANNの完全民営化プロセス」です。ICANNの母体であるIANA(Internet Assigned Numbers Authority)は、現在も米国商務省電気通信情報局(Department of Commercgovernment e, National Telecommunications and Information Administration,NTIA)と契約があり、以前より完全民営化するよう働きかけがありました。

現在は、完全民営化に向けた準備が進められておりますが、プロセスが遅延傾向にあり今後の動向が注目されています。

今回のICANN報告会においても、ICANN完全民営化プロセスに関する報告の他、JPドメインなどを含むccTLD会合の動向、総務省が参加するICANN政府諮問委員会(GAC)、日本語ドメインネームのルールを制定する日本語生成パネルに関する報告などがありました。

また、これまでICANNが発信する情報は日本語への翻訳がありませんでしたが、ICANNアルゼンチンミーティングにおいて、ICANNが発信する情報をJPNICとJPRSが連携して翻訳する旨が発表されました。これにより、多くのICANN情報の発信が期待されます。

また、ブライツコンサルティングの村上氏からは、英国のバークレーズ銀行による「www.home.barlclays」の他、フランスの銀行であるBNP Paribasによる「mabanque.bnpparibas」等、ブランドTLDの傾向や、SEOへの影響等が報告されました。EUで徐々に動き出した感のあるブランドTLDですが、これに習い今後各国での活性化が期待されるとの事です。

次回、第44回ICANN報告会は、2015年10月18日~22日にアイルランドの首都ダブリンで開催されるICANN54 Dublinの後に開催の予定です。

金 冏晋(Kim Kyeong-Jin) ブライツコンサルティング 営業企画部 マーケティングチーム

最新記事

すべて表示

ccTLD「.FO」に、フェロー語文字列ドメイン登録が可能になりました【※優先登録申し込み期限9月30日まで】

「.FO」ドメイン(フェロー諸島 ccTLD)について、レジストリより、フェロー語文字列を使用したドメインが登録可能となった旨連絡がありましたのでお知らせいたします。 企業名や団体名が、フェロー語の「 á, ó, í, ý, ð, ø, æ, ú 」でスペル可能な場合は、ドメイン登録優先権を得ることができ、2020年10月1日に登録が行われます。(※要お申し込み。) 【優先登録申し込み期限】 2

【9月24日・28日無料WEBセミナー】ドメインネームマネジメントセミナー「ブランドTLDと新gTLDの有効活用」

9月24日(木)16:00~17:00 お申込みはコチラ 9月28日(月)14:00~15:00 お申込みはコチラ ※両日とも実施当日正午受付〆切 既に弊社営業担当宛、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤務中のご自宅からでも簡単にご視聴いただけます。この機会に是非ご参加ください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社