銀行への信頼と安全性を提供するドメイン「.bank」

世界的に「.bank」の登録が増加しているようです。今回は新gTLD「.bank」について紹介したいと思います。

最近、金融サービス産業では、サイバー詐欺やセキュリティ侵害のような問題に直面しています。これにより、以前よりも銀行は高レベルの安全性や検証を要求されています。

「.bank」はグローバル銀行コミュニティー会員だけが登録できるドメインなので、価値の高いドメインだと言えます。登録者は銀行及びその子会社に制限されており、登録する際には第三者機関によって審査されます。また、ドメインの使用においても高いレベルのセキュリティが要求されるなど安全性の高いドメインに運用されます。

「.bank」 を運用しているfTLD Registry Serviceは、米国銀行協会(American Bankers Association)とFinancial Services Roundtableの主導で運営されています。

顧問機関としては

  1. American Council of Life Insurers

  2. Insurance Bureau of Canada

  3. European Banking Federation

  4. Industrial and Commercial Bank of China Limited などがあります。

これを通じてfTLD Registry Serviceが信頼できるパートナーであることが分かります。

また「.bank」から、アクセスしたサイトが公式サイトかどうか、届いたメールが実際の銀行の人から届いたのかどうかについて判断できるため、フィッシング対策に有効だけではなく、銀行サービスを利用するユーザーから信用を得られる効果も期待されます。

このような理由から、たくさんの銀行が「.bank」を登録しています。

アメリカでは約6,000の銀行が存在していますが、その中、2,465もの銀行が「.bank」を登録しました。アメリカ以外の地域では441の銀行で登録されたそうです。

ちなみに、アメリカ・ペンシルべニアのDollar Bankがdollar.bankを使用しています。

「.bank」は銀行とユーザーにオンライン上での信頼と安全性を提供するドメインですね!

登録者要件

  1. 政府の行政権限から認定を受けたまたは指導を受けている州または地方銀行

  2. 政府の行政権限から認定を受けたまたは指導を受けている貯蓄貸付組合(Savings associations)

  3. 政府の行政権限から認定を受けたまたは指導を受けている国立銀行

  4. 上記1-3のメンバーで主に構成された協会

  5. 上記1-3のメンバーにより主に所有、提供されているサービス提供者

  6. 上記1-5に関連した政府当局

※ 参考 https://www.ftld.com/ https://www.ftld.com/WP/wp-content/uploads/2015/10/fTLD-DotBank-Blog-20151021.pdf

最新記事

すべて表示

【中国】商標印刷管理弁法が改正されました

2020年11月3日付で、中国国家市場監督管理総局より、改正商標印刷管理弁法が公布されました。 今回の法改正で変更された部分は以下となります。 第11条、第12条、第14条 「工商行政管理局」が「市場監督管理部門」に変更されました。 第15条 「国家工商行政管理総局商標局」が「国家知的産権局」に変更されました。 第4条 「商標印製業務を委託する際に、委託側では《商標登録書》を提示した上で、そのコピ

【12月10日無料WEBセミナー】SSL対応が済んだら終わり…ではありません!SSL管理集約の必要性【GMOグローバルサイン・GMOブライツコンサルティング共催】

12月10日(木)無料 15:00~16:00 お申込みはコチラ ※実施当日正午受付〆切 ※フォームがうまく開かない場合はメールでお申込みください ↓ seminar-admin@brightsconsulting.com 既に弊社営業担当宛に、直接お申込みいただいておりますお客様、お申込みいただき誠に有難うございます。まだご検討中のお客様も、Webセミナーなので、会場まで外出することなく、在宅勤

【シリア】マドプロ個別手数料の変更

マドリッドプロトコル経由の国際登録商標に関して、 2020年12月16日よりシリアの個別手数料が変更となります。 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社