03-5784-1069

​東京都渋谷区桜丘町26−1

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2019 by GMOブライツコンサルティング株式会社

韓国ドメイン「 .kr 」一般登録開始

.krドメインネーム登録要件のご案内

取得可能ドメイン登録要件コメント.kr現地法人 事業者登録証が必要です (ASCII(英数字)での登録です) 優先登録受付開始 (2006.9.18~) 企業向け優先受付は2006.11.21~韓国語 (ハングル) .kr現地法人 事業者登録証が必要です 弊社パートナー名義での 登録が可能です.co.kr現地法人 事業者登録証が必要です 弊社パートナー名義での登録が可能です

韓国のドメインネーム・レジストリであるKRNICは、2006年9月18日よりセカンドレベル・ドメイン 「.kr」の優先登録をスタートいたします。 これまで「co.kr」ドメインが商用としてもっとも認知・利用度の高いドメインネームとして登録されてきましたが、各国で広がる汎用ドメイン化の流れを受け、一般登録の受付に先立ち、まずはサードレベルドメイン(xxx.co.kr, xxx.ne.krなど)の保有者のための優先登録制度による「.kr」ドメインの登録受付を開始します。

.kr 登録申請スケジュールは以下の通りです。

優先登録第1フェーズ (Sunrise Period Phase I )

登録申請期間:2006年9月28日 ~ 2006年11月10日 韓国中央行政機関のみ対象の優先登録期間となっております。

  1. 企業向け優先登録期間は”優先登録第2フェーズ “以降となります。

優先登録第2フェーズ (Sunrise Period PhaseⅡ)

登録申請期間:2006年11月21日 ~ 2007年1月22日

  1. サードレベルドメイン(xxx.co.krやxxx.ne.kr のxxxの部分)を保有する権利者のための優先登録期間

※ 優先登録の対象となるサードレベルドメインは2006年3月13日以前に登録されたドメインとなります。

  1. 同じサードレベルドメイン保有者間で申請が重複した場合は、韓国における商標権保有者、次いで最も古いドメイン登録申請日付を持っている申請者が優先されます。(ドメイン登録日が同一の場合は抽選となります)

※ 商標権は、韓国特許庁に商標登録された文字列と完全に一致する必要があります。また、出願中の商標は認められません。 ※ サードレベルドメインの所有に基づく優先登録を行う際、商標権者であることを証明するためには、韓国における商標登録原簿を提出する必要があります。 “優先登録第2フェーズ申請者名=サードレベルドメイン所有者名=韓国商標権者”である必要があります。

優先登録第3フェーズ (Landrush)

登録申請期間:2007年3月28日 ~ 2007年4月6日

優先登録第1・第2フェーズの要件がなくなりますので、韓国に事業者登録された企業であれば登録申請が可能となります。 この期間中に重複して申請された「.kr」ドメインは抽選にて所有者を決定します。

一般登録フェーズ(General registration)

登録申請期間:2007年4月19日 ~

《注意点》 ※ 韓国における商標権のみ保有している場合は優先登録対象にはなりません。 ※ 2006年3月14日以降に登録されたサードレベルドメインは優先登録対象にはなりません。 ※ 「.kr」ドメインの登録要件として韓国にて事業者登録された企業である必要があります。 ※ 現地にまだ法人がなく、これからの進出を希望されている場合や、知的財産保護の視点からの登録をご希望される場合は、優先登録第3フェーズ以降の登録申請において、弊社パートナー名義での登録代行をお引き受けすることが可能です。

申請方法や価格等の詳細情報をご希望の方は、info@brights.jp宛にメールにてお問い合わせください。

ドメインネームの紛争解決のための仲裁申し立てについて

韓国独自の紛争解決処理方針(.KR Domain Name Dispute Resolution Policy)に基づいた仲裁申し立てが可能です。 仲裁機関 : Korea Internet Address Dispute Resolution Committee (KIDRC)

弊社では、侵害レベル分析や取り戻しのための可能性評価を実施し、当該国の弁護士との綿密なコミュニケーションを通じて、「.kr」ドメインの仲裁申し立て手続きをサポートいたします。

その他世界各国のドメインネーム登録について

ブライツコンサルティングでは、商標分野での国際的なコンサルティング経験と知的財産としてのドメインネームマネジメントにおける独自のノウハウを活かし、韓国のドメインネームだけでなく、アジア諸国をはじめ、全世界に存在するドメインネーム ( ccTLD )の保護を行っています。

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

8回の閲覧