2010年:インドの商標法の改正について

インドの商標法が改正されましたので、お知らせいたします。

インド商工業省の官報(The Gazette of India)によると、商標登録に用いられる商品・役務区分(2002年の商標法の第4表)には3つの新しい区分(43-45)が追加され、第42類が再編成されたと記載されました。 また、以前第42類の一部であり、他の区分に該当しなかった「多目的用」の規定は削除されました。 上位のような変更は、インドにおける商品・役務区分をニース協定及び現行商品区分の第9版と一致させています。

改正された区分は以下のようになっています:

第42類: 科学的・技術的サービスおよびそれらに関連する研究とデザイン;工業分析および研究サービス;PCハードウェアとソフトウェアのデザインと開発。 第43類: 食料と飲料を提供するサービス;一時的宿泊。 第44類: 医療サービス;獣医に関するサービス、人間や動物のための衛生、ビューティケア;農業、園芸、林業。 第45類: 法律上のサービス;財産と個人を保護するためのセキュリティサービス;個人のニーズを満たすための他者によるパーソナルと社会的サービス。

以前42区分だけだった商品とサービスは、新しく区分ごとに分配されましたので、インドの商標ファイリングはより費用のかかることとなりました。 インド商標局は現在新しい区分をスムーズに合体させるように運用的・業務的の改正に取り組んでいます。

申請中・登録済みの商標の再分類の手続きについて 申請中の商標に関しましては、インド商標局へ再分類を依頼するフォーム(Form TM – 16)を提出し、定められた費用を支払います。登録済みの商標の再分類に当たってForm TM – 40の提出が必要となります。

オフィシャルフィーは、申請中の商標の場合11ドル、登録済みの商標の場合22ドルとなっています。再分類によって区分が増加された場合には、区分ごとに62ドルの支払いが必要です。以前の申請日は変更されません。

更新について 2013年から更新の対象となっている商標に対する更新手続は、区分の再分類の申請が完了されてからのみ可能となります。

検索について 現在のオープン、そして公的な検索は、いずれも以前の区分と新しい区分を基に行うことができます。

所定の時期に再分類を行わなかった商標に関しましては、更新の期間中キャンセルされるおそれがありますので、ご注意ください。

(参照:INTA Bulletin Vol. 65, No. 14)

本件に関する詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

【ロシア】商標登録証の電子化とその発行プロセスに関わる新規則を公開

ロシア特許商標庁は、商標登録証明書発行と。そのプロセス全体の自動化のための新しい規則を公開しました。 この規則に従い、2021年1月17日以降に提出された出願の商標登録証明書は、すべて電子化されデジタル形式で発行されます。 商標権者が、商標登録証明書を紙版で取得したいと希望する場合は、ロシア特許商標庁に特定の請願書を提出する必要があります。 デジタル証明書はオンラインで入手でき、ロシア特許商標庁に

【オマーン】商標出願のための電子プラットフォーム導入

オマーン知的財産局は、2021年3月7日から商標出願のための電子プラットフォームが導入されると発表しました。 以降の新しい商標登録は徐々にオンラインで処理されるようになり、商標出願はオンラインで提出できるようになります。このオンラインシステムは、段階的に他のすべての知的財産登録手続きにも適用される見込みです。 2021年3月7日以降、この電子プラットフォームを使用しオンライン申請をする場合、申請者

【ソマリア】知的財産庁(SIPO)の設立と、新知的財産法下における商標出願の受付再開

ソマリアでは、1991年の内戦勃発以降30年近くの間、実行可能な登録システムの喪失により商標出願の受付がストップされ、新聞広告など非公式の慣行による権利確認が行われていましたが、2012年のソマリア連邦政府樹立以降段階的に復興しており、2019年12月には、法的根拠に矛盾が見られたり、高額な費用がかかるなどの非推奨要素を含みながらも商標登録プロセスが再開されたことが発表されていました。 今年になっ

​GMOブライツコンサルティング株式会社

​東京都渋谷区桜丘町26−1

03-5784-1069

Registrants' Benefits and Responsibilities

©2021 by GMOブライツコンサルティング株式会社